ドナルド・トランプの名言|情報を持たずにいい仕事はできない

このエントリーをはてなブックマークに追加

情報を持たずにいい仕事はできない。教育や情報が欠けているとコントロールを失うリスクが大きくなる。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自らやる気を出して努力するのがどうしても苦手という人には、あなたの身近にいる仕事ができる人のリズムや型をそっくり真似て会得し、そのうえで自分のオリジナリティを発揮する方法もあります。

将来を見据えて点と点をつなぐことはできない。できるのは後からつなぐだけ。だから、いつか点がつながることを信じなければならない。

創業者一族の会社から、法の下に人格を持たされたパブリックカンパニーにして、会社を大きくしていきたい。上場すれば、資本と経営を分離をすることも可能になります。後継者のことを考えても、上場は必要だと思います。

初めからメンバーを参加させることで、個人個人のモチベーションは高まります。また、異なる意見を持っていた人も、戦略形成に関与できたことで結論をポジティブに受け止められるようになるのです。

仕事が多すぎてやる気が出ない人にお勧めなのは「今日やらないことリスト」。結局、優先順位をつけることができないから、ものすごい忙しさに追われてしまう。むしろ、これは今日やらなくてもいいだろうという案件からハッキリさせていくと心がラクになります。

社内の各部門や一人一人の社員がベクトルを合わせ、同じ方向を目指して突き進む。こうした状態をつくりだせるかどうかが、難局を乗り切る際には非常に重要だと実感します。

無駄な出費を抑えることが、経営のイロハであることは外定(丁稚奉公先の呉服問屋)時代、身をもって叩き込まれている。そこで、私は社員の3分の1を整理することにした。この3分の1は、重役の縁故者と高齢者、すなわち高給を取っていても働きの悪い人々である。この整理で人件費の半分くらいが節減できた。
【覚書き|通信教育会社「井上英語講義録」の経営立て直しを友人に頼まれたときを振り返っての発言】

大平(正芳・総理)さんなんかを遠くで見ても、やっぱり勉強していたよね。一橋大学卒でしたが、よく本を読んだりして勉強された。だから、哲学者の哲人宰相と言われるようになったでしょ。年をとってから良い顔になったよね? 顔に出てくるよね。だんだんと。歴代の総理ですごく男前で良い顔だったけど、今ひどい顔になった人もいる。顔に出るのだよ。

部下への指示は役割分担を明確にし、ひとつの仕事は一人にまかせること。誰かと組むとどうしても相手に頼り、力を発揮しなくなるという脳の特性があります。

名刺を工夫している営業マンは、最近増えてきたとはいえ、全体からすればまだまだごく少数派です。だからこそ、いまなら少し工夫するだけですごく目立つのです。

ページの先頭へ