ドナルド・トランプの名言|職場の近くに住んで時間を節約する

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は生活の場と仕事の場が同じビルの中なので、通勤時間はごく短く、渋滞に巻き込まれることもまれで、かなり時間の節約となっている。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

100歳まで生きることができたら、ホテル学校をつくりたい。ホテルのスタッフを育てる大学はありますが、ホテルの経営者を育てる大学はありません。ホテルの経営は特殊なところがあるので、私がやってきたことを教えることができたらいいと思います。

急がず、ゆっくり、末広がりに。それが私の考える、会社のあるべき姿。

私は、物事をやり遂げるうえで邪魔になる「自分の癖」を受け入れ、利用しています。例えば、私は夜型の人間なので、刺に大事な仕事をこなそうとするのをやめる必要がありました。朝は、運動や瞑想でリラックスしたり、雑用を済ませることに費やします。夜型の私は夕方以降に高い集中力とエネルギーを発揮できることが分かり、一日の遅い時間に仕事を始めても構わないということも学びました。

プレゼンにおいて、真剣さを相手に伝えるには、自分の気持ちをきちんと言葉にすることは大前提として、そのほかに2つのことが必要です。「相手にいい印象を持ってもらい、聞く姿勢になってもらうこと」「言葉に嘘がないと信じてもらうこと」です。

市場がどこであれ、いいものを提供することに変わりはありませんが、重視されるポイントには違いがあります。日本はきめが細かく、お客様の要求が非常にシビアです。新興国需要が中心になったいまでも、品質の水準については、日本市場が先生であることに変わりありません。しかし、それが行き過ぎると「花魁の髪飾り」になってしまいます。華美な機能をジャラジャラつけて、誰が使うのかわからないような部分にコストをかけることになる恐れがあります。

米国勢は統一された技術とサービスで世界をひとつにしていく方向です。しかし国ごとに文化も人々の考え方も異なる。インターネットのサービスにおいても、国ごとに変えていくような多様性が必要。

ビジネスは誰としても良いが、ヨットレースは紳士としかやってはいけない。ヨットの維持費を問題にするような人間には船を買う資格はない。
【覚書き|モルガンは無類のヨット好きだった】

ページの先頭へ