ドナルド・トランプの名言|感情が先に立てば、状況の理解を誤りかねない

このエントリーをはてなブックマークに追加

感情的になってはいけない。感情が先に立てば、状況の理解を誤りかねない。必ずしも簡単なことではないが、客観性を心がけよう。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大学時代に公認会計士の道を選んだのは、事業をやる上で一番役立つのではないかと思ったからです。公認会計士ならば、その仕事をしている間に、いろいろな業種の様々な企業の様子を見ることができます。一つの会社にいたのではなかなか得られないものを得られる、その間に起業家としてのスキルも磨けるのではないかと考えました。

一介の社員にすぎぬ私が、おやじ(野村徳七)の代理で満州視察へ行くことになったから、役人はびっくりするし、周囲からもずいぶん失笑を買ったものだった。なかには、「野村さんの親心は奥村にとってプラスかマイナスかわからない、でなくともだいたいあいつは頭が高いから、今度のことでますます増長するに違いない」と酷評する声もあった。だが、どんなに憎まれ、どんなに出世が遅れても、私という人間形成の上で、あのときの満州行きの意義は大きかった。亡くなった野村さんにはまったく感謝の言葉もない。
【覚書き|関西財界のそうそうたるメンバーによる満州視察に野村徳七氏の代理で参加したことを振り返っての発言。奥村氏は当時まだ主任だった】

定例会議をなくしました。会議が必要になれば、その時その場でやって決めればいい。毎週、定例会議を開く場合、決めるべきことがあっても定例会議まで待たなければならないし、そこで決まらなければ、また1週間後を待つことになってしまう。議題がなくても開かれるなど、会議が形骸化している場合も少なくない。必要な時にとことん話し合って決めればいいのです。

駄目な会社に出向くと、そこには見事なまでに共通点があります。多くの社員が利益に関心を持っておらず、真剣なのはほんの一握りの人たちだけということです。しかも、社内には不平、不満が渦巻いている。その原因はトップが役割を果たしていないことや、明確な理念や目標がないことなどです。

情報収集を行うのは朝の時間が多いのですが、私はその前に頭の整理を行います。頭の整理とは、イコール手帳の整理です。自分の目標は何か、今日のスケジュールはどうなっているのか、昨日やり残したことはあるか。やるべきことを明確にしてから、情報収集をはじめます。

とにかく初めは、生の英語に慣れること。そして、使えそうなフレーズを丸暗記してしまう。もう一度受験勉強をする気持ちで反復し、ある程度基礎が身につくところまでやったら、後は楽しめるように遊び感覚で英語学習に向かうといい。

経験や知識のない新参者が、そこに長年いるエキスパートに向かって「これはおかしいのでは?」と問題提起をしても、聞く耳を持ってもらえないことがほとんどでしょう。まずは同じ思いを持った仲間を探すことが先決。

ページの先頭へ