ドナルド・トランプの名言|仕事は真面目に考え、自分のことはちょっと不真面目に考えよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

私の持論は、仕事は真面目に考え、自分のことはちょっと不真面目に考えよ、である。楽しんで良い思い出を残す大事なコツだ。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

感謝の気持ちと志。貧しい環境に生まれた人は、ヒト、モノ、カネのありがたさを知っている。感謝することを体で知っている。これが人間が伸びていく大きな要素であるし、最高の貯金だ。

十年後どうなるかなんて、誰にもわからない。今の仕事が世の中に存在するかどうかさえわからない。

私たちの業界はフィルムからデジタルへと、いろんな意味で淘汰されていきましたし、これからITによって、もっと厳しい時代が来るなというのを肌で感じていました。逆に自分がクリエーターとして、今までの写真の知識を生かして新しいビジネスを展開ができるかを真剣に考えるようになって、たまたまその中で、フォトグラメタリーというテクノロジーについての情報が手に入りました。自分でいきなり全く違うフィールドに足を踏み入れるのもすごく怖かったのですが、最初にニコンさんに相談して、50台ほどカメラを貸してもらえないかというところから始まって、スタジオを1カ月貸し切ってテストしてみたんですね。そしたら運がいいのか悪いのか分からないですけど(笑)、たまたま、うまくいきました。そしたらこれは面白いなと思って、すごいことができるなと。

必要なのは、きめ細かな対応です。それを積み重ねる努力を惜しまないことです。

「人から得る情報」は、最も個人差が表れます。人からの情報網を持つことは、つまり「人脈」を持つこと。社内の人間だけのつき合いだと情報や視点が限られてくる。様々な業界の人が集まる場に積極的に出て、人脈を広げることは大切。

私たちは、私たちの考えに共感する人たちとだけ仕事をしてきた。そもそも理念に共感しない人を選んでも、トレーニングする意味がないからね。

自分の強みを意識しながら、顧客都合の視点に立ち、心のコンディションづくりに気を遣い、他人の優れた営業スタイルを積極的に採り入れていく。顧客の心を動かす営業トークは、こうした接客姿勢から必ず生まれてくるはずである。

ページの先頭へ