ドナルド・トランプの名言|怖がらずにチャンスに乗れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

怖がらずにチャンスに乗れ。楽しいことに尻込みするな。そのプロセスで他の多くの人たちも楽しんでくれるかもしれないのだから。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「人生いろいろ」っていうけれど、僕の場合は「人生そこそこ」を目指してるつもり。そこそこ仕事があって、そこそこお金があって、そこそこのクルマに乗って、あとはそこそこムヒヒがあって。そんなところでいい。人間の欲は限りないというけれど、お金持ちになりたいと思ってそうなったとしても、それで完全に満足できる人はなかなかいない。そうなったらなったで、ピーピー言ってる貧乏人の暮らしが妙に羨ましく見えてきたり。隣の芝生っていうか、ないものねだりをするのが人間ってものだから。

どうせ描くならば、一本一本、一話一話、常に完璧に仕上げたい。

総務部副長としてまず手掛けたのは、社内合理化の一環として諸規則を明文化したことである。三菱は急速な膨張をしたため、広い範囲にわたって事業が行われたが、まだ創業当時の個人商店的色彩や習慣が残っていた。明文化した規則というものがなく、処理事項が起こるとその都度上層部で相談して通達を出すというありさまだったから、その処理指令は大変な量にのぼった。私はその慣習規則ともいうべきものの中から改めるべきものは改め、捨てるべきものは捨てて体系化し明文化する仕事をやった。

花が好きな人は植えて、水や肥料をやり、雑草を抜く。暑い日が続き、枯れてしまう。ある日根元からかわいい芽が出ているのを見つけた時の喜びと言ったらない。こんなに一生懸命、面倒を見たのに、などと花を責めない。ひたすら花の命がまっとうされるのが嬉しい。人が好きなら同じ事である。

考えてみてください。会社の顔である社長が、この先の経営を悲観したり、暗くなっていたりしたら、それこそ会社全体が意気消沈してしまいます。
【覚書き|モットーである「明るく・楽しく・元気よく」について尋ねられたときの発言】

会社は働く人にとって社会貢献の場で、継続することが重要です。それには、市場が要求する変化を我々が常に感知し、価値を創造し続けないといけません。市場の変化をくみ取りながら、どう貢献していくかを考えていく。このプロセスが文化として社内に根づくか。ここが大切なところです。

できるだけ雑多な情報に触れることが大切。内輪の飲み会ばかりを開いていても発展はない。もっと知らない人、異業種の人と話すべきである。移動中に読書ができないという意味で、クルマの運転にも益がない。最近は駅から遠い住宅地から都心への人口回帰が起きているようだが、徒歩25分の家から駅まで歩くのも、目から雑多な情報を仕入れられるので悪いものではない。また運動にもなる。「駅近」物件にこだわらなくてもいいではないか。

ページの先頭へ