ドナルド・トランプの名言|ベストを尽くしたとはゆめゆめ思ってはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすべてやり尽くした、ベストを尽くしたとはゆめゆめ思ってはいけない。そんな考えは、安易にあなたの可能性を損なうだけだ。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社内の空気を変えようと、私自身が常に笑顔でいるようにしました。「もう社長は怖くない」という印象を持ってもらい、「失敗を恐れなくてもいいんだ」という価値観を育むためです。遂行能力は高いわけですから、指示待ち社員の動き始めるきっかけを作ればよかったのです。

社長業は大変と言えば大変ですが、社員の皆さんも、持ち場、持ち場で同じ気持ちだと思います。社長と部長と若い社員では役割が違うだけで、会社を良くしようと思っているところは同じです。

カエルを熱湯にいれると熱さですぐ逃げ出してしまいますが、冷水に入れて少しずつ熱していくと変化に気付かず絶命することから、環境の変化に対応出来ないマイナスの事例に使われます。が、私は会社の風土を変えていく手法としてポジティブに捉えています。いつの間にか、無意識の内に会社が変わっていたというのが、会社を変革する上で最も良い方法と思っています。

30代以上で仕事ができる人は頭が柔らかい人です。それまで自分が積み上げてきたものに固執しないという謙虚さなのかもしれません。

分かりやすく伝えることは難しいことです。伝えたつもりになってしまっていることが一番恐ろしい。

ビジネスには、世界中で共通する「普遍的な側面」もあります。「普遍的な側面」の何かひとつについて強みを持っている人は、ある意味「グローバル人材」に近いといえるかもしれません。そうであれば、(逆説的ですが)そのような強みは日本国内でも培える、ということになります。

大切な仕事には質の良いものを使いたいと思い、手帳は3冊ともエルメス。自分に合う万年筆や創作意欲をかき立てる原稿用紙などにもこだわっています。

私は発音のテキストを買って、発音の特徴や英語特有の音の変化を勉強しました。するとこれまで何となく聞いていた音が、はっきり聞こえるようになりました。初めに発音の基礎をおさえておくと、リスニング教材から吸収できる量が格段に増えます。

僕は荒手術を決意し、まず会社の不急不要のものをどしどし処分してしまった。会社につぎ込むため、創業家所蔵の書画骨董を売り立てることにし、それは当時誰も試みなかった写真入りの売立目録で宣伝した。なにしろ毎日5、6本出る手形の不渡りを片づけなければならないので、ずいぶん骨が折れた。そんな苦労が報いられて、3年後には1割2分の配当までやれるようになり、金港堂は息を吹き返した。
【覚書き|教科書専門の大手出版社金港堂の経営再建時を振り返っての発言】

その時その時ではなく、長いスパンで物事を見ないと本当の価値は分かりません。

ページの先頭へ