ドナルド・トランプの名言|問題は投げ出さず、対処する

このエントリーをはてなブックマークに追加

問題を投げ出してはいけないが、考え込んでしまってもいけない。対処するのだ。問題とあなたと、どちらが主役なのか。姿勢を明らかにしたほうがよい。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分にいまできることを見極めて専念する。そうではないことまで経営者が手を伸ばそうとすると、周りまで疲弊させてしまいます。自分たちの強みを活かす経営を目指していきたい。

新聞を1紙だけ読んでいると、視点がひとつに固定してしまい、物事の本質を正確に捉えられなくなってしまうのである。これを防ぐには、1紙に書かれたことを鵜呑みにせず、複数の紙面を比較すればいい。つまり、新聞を読む際は横読みというのが大事なのである。

戦場に取材に出かけるとき、両親宛の遺書を自分のロッカーに納めていくこともあるが、その際も真剣に死を考えてはいない。保険金の使い道のほかに「自らの意思で戦場へ行く。私を戦地へ送ってくれる編集部には感謝こそすれ、いかなる責任もない」と書くだけである。暗黙で書けと促される場合もあるが、私は気にせず進んで書く。

グローバル化による「本物の資本主義」の世界の中で、日本人が生き抜くためには社会をより資本主義的なモデルに変えていく必要があります。大企業で働く30代、40代のエスタブリッシュメントが、リスクを恐れず変化することで、必ず日本はよくなるはずです。

どうがんばったって、過去を変えることはできない。だったら「あの悔しさと涙を忘れずに頑張ってきたからこそ、報われる日が来たんだな」って周りに言われるよう、努力するしかない。

謝罪の場では詫びる側が能動的に何かをすることを考えがちですが、それは誤り。相手はいかに自分が大変だったか、ダメージを受けたかを聞いてほしい気持ちが強いもの。「謝罪の場は、相手のガス抜きの場である」と肝に銘じてください。事情を説明して許してもらおうという気持ちが先走ってはいけません。

終身雇用や年功序列、頻繁な人事異動に表れる人事管理への伝統的な日本式アプローチは高度成長期の日本では機能していました。しかし、変化が激しいこの時代では機能しなくなってきました。今こそ変革が必要。

ページの先頭へ