ドナルド・トランプの名言|物事に別の名前をつけたら、それに対する姿勢は驚くほど変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加

問題はチャンスになるかもしれない。物事に別の名前をつけたら、それに対する姿勢は驚くほど変わる。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お金の失敗で一番多いのは、創業融資の失敗です。ここでつまずいて創業資金が足りなくなり、起業そのものが頓挫してしまう失敗ケースが後を絶ちません。これを避けるためには、創業融資の審査基準を知っておくこと、審査基準を満たすように行動すること、が大切です。

実際に住んだ時のデータを取り始めると、いろいろな材料が出て来ます。実際に住んでみてわかることや、データも違う取り方をしなければならなかったなど、いろいろわかることがあります。これを続けていくことで成熟したデータの取り方、さらには成熟した議論ができるのではないかと思います。

せっかく良いアイデアでも完成度にこだわり過ぎると手遅れになる。

「処世の掟」
気持ちよい生活をつくろうと思ったら、済んだことをくよくよせぬこと、滅多なことに腹を立てぬこと、いつも現在を楽しむこと、とりわけ人を憎まぬこと、未来を神に任せること。

差別化というと小手先で違いを出すというイメージを持っている方もいるかもしれません。しかしそれは違います。本来、差別化が意味するのは、本質的なバリュー(価値)が異なる商品やサービスの提供です。自分たちが何にフォーカスし、何を捨てるかという絞り込みをすることが必要なのです。

人間は人と自分を比較して優越感を覚えたり、劣等感を抱いたりするもの。でも、自分独自の花を咲かせたらいいんだと気づいた時、喜々として努力するようになる。

自分が話をしているときに相手が一生懸命メモをとりながら聞いていたら、話をよく聞いてくれているな、熱心だなと思いませんか?その印象が大切なのです。人は、いい印象を受けた相手とは長くつき合っていきたいと思うし、仕事を任せたいと思うものです。相手に好印象を与えるには身なりを整えたり、内面を磨いたりすることももちろん大切。しかしそれだけでは不十分で、その言動も好印象をもたれなければ相手からの信頼は得られません。そう考えると、みなさんも私のメモをとる姿を快く感じ、信頼してくださったのではないでしょうか。その結果、私には3500人もの人脈ができたのです。

ページの先頭へ