ドナルド・トランプの名言|最悪を予想しておくのが得策だ

このエントリーをはてなブックマークに追加

最悪を予想しておくのが得策だ。そうすればいい意味で裏切られるからである。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社は長い歴史があるので、優れた面もありますが、一方ではデメリットもあります。かつては意味があった慣習も、時代の変化とともに意味が失われてしまうこともあるのです。今後のさらなる発展のために、何を変えるかは今後の検討課題ですが、まずはこれまでの負の側面を洗い出し、改革に取り組まなければならないと考えています。

本心を言うと嫌われると思うから、言う前に諦めてしまうんです。でも、言い方さえ工夫すれば、怒るお客様はいません。たとえば「ひとつだけお聞きしてもいいですか」などと前置きしたうえで、「今日の話で、商品に対する興味を抱いていただけましたか」と聞いてみる。その際、「悪いけど興味ないわ」と言われたら、「どんな商品なら興味がありますか」と踏み込む。オブラートにばかり包んでいるから、回数を重ねても最後には断られてしまうのです。「本心には無駄がない」ということを知って、踏み込むことが大切です。

企業倫理は、企業のリーダーや管理者たちが、意思決定をする軸の一つとなります。人によって答えが違ったり、一筋縄では解答を導き出せない課題に直面する際には、法的、経済的、倫理的な観点から決断が必要です。

人間はマイナス面の方も多く持っている。マイナス面があればあるほど逆にファイトを燃やして、目の前の壁と、面と向かって対決するわけだ。

これまで10人以上と漫才をしてきたけど、一番長かったのが(内海)好江ちゃん。彼女とコンビを組んだのは、終戦から5年たった1950年。私が28歳の時です。本当は別の相手と姉妹漫才をするつもりだったんだけど、それがダメになり、仲介してくれた人が連れてきたのが、当時14歳のあの子。三味線は弾けない。踊りもダメ。着物も自分では着られなかった。私には夫も子供もいた。こんな若い子と一緒にやって家族を養っていけるかしら…。さすがに一度断ったんだけど、彼女がどうしても「頑張る」と言うから始めることにしたんです。気持ちがなければ、続きませんからね。

ただ漠然と出費を減らそうとしても続きません。何のためにいくら減らすのか。そもそも自分はどれぐらいムダなお金を使っているのか。この際、一度書き出して自己分析してみましょう。

飲み会で「羽目を外すな」と注意をするのは簡単ですが、そんな当たり前のことを言っても効果は期待できそうにない。考えた結果、羽目を外しそうな社員旅行や大勢の飲み会がある時は、酒癖の悪い人に「風紀委員のワッペン」を配ることにしました。率先して騒いだりする「トラブルの起点」になりそうな人は、あらかじめ風紀委員に指名して「取り締まる側」にしてしまう。起点そのものを事前に潰す策です。これは大きな効果がありました。

ページの先頭へ