ドナルド・トランプの名言|不屈の意志は絶対に必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

往々にして、事前にいくら調査しても、やってみなければ、どれほどの努力が必要かはわからないものだ。だから不屈の意志は絶対に必要である。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

勉強を始めてしばらく経って、気が散り始めたときは、無理をせず休憩をとりましょう。休憩で避けたいのは、座ったままスマホを見たり、PCでネットを閲覧したり、といったこと。近年、「セデンタリー(座りっぱなし)」生活は深刻な健康被害を招くことが知られてきました。休憩の原則は、とりあえず席を離れて立ち歩く時間を作ること。これが集中力の回復にも役立ちます。

生産性改善のため、2つの取り組みを推進します。1つは、「業務品質・業務効率改善」。ICT(情報通信技術)を導入することにより、業務プロセスの効率化を目指します。もうひとつは、「社員の定着率・モチベーション向上」です。

優れた上司は、異動直後は「現場を知る」ことから始めます。未経験な仕事は自分でも試す。

最終的に営業マンの大前提って、なんの商品を売るかじゃないんです。どんな業種の営業をしていたとしても、自分の扱っている商品の向こう側にある「幸せ」を信じ続けることなの。クルマだったら、買ってくれた人がいかに幸せなカーライフを送るのかをイメージする。自分はそのお手伝いをしているんだって大義。それを持てた瞬間に、ためらわずにドアをノックする勇気が出てくると思うんです。

医学だけでなく、健康や食などのジャンルにも手を広げ、快適な生活のあり方を提唱していきたい。まずは自分たちが快適な生活を送り、医師、看護師、患者、そして一般の方々へと快適な生活の輪を広げていきたいです。

たとえば、雑誌の売上が低迷しはじめたとしましょう。その対策として、思い切って誌面を全面刷新する「プランA」と、少し前に実施した誌面のマイナーチェンジの結果が出るまで様子をみる「プランB」が考えられるとします。こういう場合、ドラスティックな決断として「プランA」を選ぶほうがよい判断のようにみえてしまいます。けれども、打った手の結果が出る前に次のアクションをしてしまうと、何もわからない場合もある。場合によっては「待つ」という判断が適切なこともあります。つまり、どんな場合でも「すぐやる」ことがいいとはかぎらないのです。「とりあえず何もしない」と決めるのも、立派な決断のひとつです。

第一印象は、初対面の6秒ほどで決まってしまいます。とりわけ、女性は、相手の好き嫌いをはっきりさせる傾向にあり、嫌われると話も聞いてもらえません。そこで、第一印象をよくするには、スマイル(笑顔)で接客することが大切です。笑顔を向ける相手に、悪い印象を持つ人はまずいません。ところが、男性は案外、スマイルで接客できていないのです。

既存の当り前のことが、当たり前でなくなっています。いま大切なのは、「顧客から見た当たり前」を実践することです。

自分で「報酬」を設定することも有効です。たとえば、「1日頑張ったら帰りに一杯飲もう」「この1週間を乗り切ったら週末は旅行だ」と、楽しいことを用意するのです。これらの報酬を、1日や1週間といった短いスパンから、3カ月や半年、1年後といった長いスパンのものまで、バリエーションを持たせて設定すると、それだけやる気が続きます。

駕籠(かご)に乗る人、担ぐ人、そのまた草鞋(わらじ)をつくる人。
【覚え書き|田中氏の口癖。偉い人も下で支える人がいないと成り立たないという意味】

ページの先頭へ