ドナルド・トランプの名言|楽な道はない

このエントリーをはてなブックマークに追加

楽な道はない。しかし、心から好きなことをしていれば、それほど苦労は感じないはずだ。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当初、周囲の反応は冷たかったですが、フェイスブックで情報を発信し続けるうちに、応援してくれる人が増えました。資金繰りに苦しみ、4回増資する中、見知らぬ人まで出資を申し出てくれるようになりました。

うちのサイトを欲しいと言っている企業もあったので、いざとなったら売却することも、常に頭の片隅に入れていました。そうしないと、精神的に耐えられなかった。

入社当時、ちょうど誰か一人二人諏訪に行ってもらえないかと言われまして、私は、北海道の田舎で育ちましたので、それではと言ってそのまま四五年、諏訪にいます。それは結果としてはよかったと思っています。東京じゃないと情報が得られないなんてあれは嘘で、ちょっと離れているほうが本当の情報はたくさん来るんです。東京にいると情報過多ですね。

コントロールができない不確定要素の動きによっては、最初に想定したゴールにたどり着けない場合も当然出てきます。しかし、想定したゴールにたどり着かないとわかった時点で、新たに意思決定を行い、軌道修正をすればいいだけです。

良い絵だと言われているからといって、良い絵だとして鑑賞する必要はありません。有名な作家の作品でも、「わからない」「面白くない」と思うのは当たり前です。疑問を持つからこそ、作品への理解を深めることができるのです。

休日なら時間があるからたくさん書けるかというと、そうでもないのです。時間がたっぷりあると思うと、つい気を抜いてしまいがちです。日中に別の用事があったり、出かけなければならなかったりするので、朝は時間が限られています。そのために集中できるという側面もあると思います。

今は昔と違って、何でもかんでも自前でやろうという時代では無くなってきました。世の中に良いソリューションサービスがありますから、それを我々が、いかに良いソリューションを持っている企業と連携してお客様に提供していけるか。その意味で、いろいろな企業とのアライアンスを組んで新たなビジネスを創っていこうと考えております。

世の中が激しく変化するなか、日々の挑戦を怠っていれば時代に遅れをとってしまう。今後も引き続き業務内での新たな挑戦を奨励していく。

社長就任後、まず取り組んだのが管理職を育てていくことです。それまでも管理職研修はありましたが、訓示や指示など上からの話ばかりで、眠気を我慢しながら聞いているのが実態でした。そこで、外部からコンサルタントを招き、事業計画を立てて、それを実行に移していく訓練を積んでもらいました。グループ営業やチーム営業を根付かせて、部長や課長は後輩を育てないと自分たちの成果も上がらない仕組みに切り替えました。ともすると個人主義に走りがちな管理職の意識改革を図ったのです。

ビジネス環境が目まぐるしく変化する今、半期に一度の面談くらいでは、部下を適切にサポートできません。こまめに意思疎通の場を設けることで、上司が部下の変化にリアルタイムで対応できると同時に、部下は「何かあればすぐ上司に相談できる」という安心感が生まれ、より円滑なコミュニケーションにつながります。一回の時間は短くてもいいので、ぜひ短期的なスパンでの部下との対話を習慣化してください。

ページの先頭へ