ドナルド・トランプの名言|問題はあってあたりまえ

このエントリーをはてなブックマークに追加

問題はあってあたりまえと思うことだ。問題が一転、あなたのプラスに働く場合もあるし、時には驚くような出来事が起こったりもする。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

我々の仕事で重要なことのひとつは「たくさん描くこと」だと思うんです。たくさん描いていれば、筆遣いについてもわかってくるわけです。筆をどう置くか。この種類のものを描くならどんな筆遣いができるか。それは上手な人の背景を見て覚えました。

19歳で起業してからの6年間で経験してきたものを大企業で経験できるかと言われると、確かに難しいかもしれません。経営はもちろん、テレアポも、普通は外部の業者に任せるSEO(検索エンジン最適化)対策も片っ端から専門書を読んで自前でやりました。お金がないから仕方なく自分たちでやったのですが、結果的にはそれらの経験が自分や会社にプラスになりました。

日本企業の間接部門の生産性が低いという議論がありますが、それは個人の能力の問題ではなく、例えば経理にしても、日本では自前のソフトウェアを作り、きめ細かくやっており、人が入れ替わると仕事にならない。一方、アメリカはERP(統合型ソフトウェア)を導入して多くの会社が業務を共通化し労働移動を容易にしている。

本来の趣味や興味の範囲外等の場所にも、意識的に足を運びます。「地下アイドルのライブ」などは、未知の情報の宝庫ですね。

お客様が感じる価値の中には測定不能なものがあります。測定可能な費用から測定可能な価値を作り出すという考え方だけでは、ニーズに対応できません。

モラルのある価値観と能力なくして、ITを利用したビジネスをする資格はないと覚悟すべきだ。

一番が利益の大部分をとって、二番手はわずかなおこぼれをもらえる程度、三番手以下にいたっては利益はゼロ、と考えるのが世界標準の考え方だ。何をするにも、躊躇は許されない。走りながら考え、走りながら修正しなければならない。

ページの先頭へ