ドナルド・トランプの名言|損切りは早いに越したことはない

このエントリーをはてなブックマークに追加

損切りは早いに越したことはない。これは成功したければぜひとも覚えておくべきである。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社のコストは、大きく分けて2タイプあります。売上に比例して増える変動費と、売上に関わらず発生する固定費です。前者の代表選手は原材料費、後者には店舗賃貸料、人件費などがあります。もし、値下げをして売上が上がったとしても、販売量が増えた分、変動費もアップします。値下げをして儲けを出すには、変動費増加分のコストも考えあわせて、販売量を設定しなければなりません。

社内で会計スキルアップ勉強会を開きました。教えることもプレゼン力をつけることにつながるし、いいコミュニケーションも生まれて、一体感ができてきます。勉強会には経理財務だけではなく、広報や他の部署からも多くの参加者がありました。

人はただ真(まこと)なれ。真、愛すべく敬すべし。

何がその人のやる気を醸成するかは、つまるところ個人の価値観であり、そこまで会社が勘酌(しんしゃく)するつもりはありません。出世欲旺盛な人を否定するつもりはありません。ただし、グーグルの場合、仕事のスピードが速いうえに少数精鋭ですから、出世競争を考えながら働くような余裕はないと思いますよ。それに、グーグルの仕事はチームプレーが基本なので、個人的に目立って評価を得ようとしても、うまくいかないでしょう。

ひとりぼっちでも社会の中の自分であることには変わりはない。その社会は矛盾だらけなのだから、そのなかに生きる以上は、矛盾の中に自分を徹する以外ないじゃないか。

若いうちは上司から指示された仕事をきちんとこなすことが大切ですが、それをどう達成するかは自分で考えるべきです。

プレゼンには中身(コンテンツ)と伝え方(デリバリー)の両面があります。内容が完璧であっても、伝え方に問題があれば、聞く人の心には響きません。

ページの先頭へ