ドナルド・トランプの名言|出し惜しみしてはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生は些事ではない。だから、これほど大切なものに自分を出し惜しみしてはいけない。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

波風たてない。人の顔色をうかがう。それでいて器用だから、博報堂に入って広告制作をしていた最初の6年くらいは「そこそこ」のタイプでした。そこそこから抜け出したいと実践したのが金髪でした。34歳にして初めての金髪。金髪のくせに「作るものはその程度か」なんてカッコ悪いじゃないですか。

脳は自分が思っていることでも、一度外に出さないと自覚できません。人に話すことで初めて、「自分はこう思っていたのか」と整理されることがあります。夢も同じことです。口に出してはじめて「そんな願望を自分は抱いていたのか」と知って驚くことは少なくありません。

我々のリスクは、売り上げや利益に占める百貨店事業のシェアが極めて高いことです。このまま放置すればさらにリスクが増すはずです。百貨店以外の事業も成長させないと将来の多様化に付いていけない。

謝るときの頭の下げ方は「深々と」が基本です。両手両足をそろえて上半身を45度くらい前に傾ける。時間にすれば、その最敬礼の状態でゆっくり3つ数えるくらいの長さは頭を下げたままにする。そうするとお詫びの余韻が残ります。自分としては深々と下げているつもりでも、人から見ると首だけちょっと下へ向けた程度にしか思えないことはよくあります。こんなときぐらいは人生最高のお辞儀をしてください。先方が複数人出てきた場合は、一人ひとりに頭を下げてお詫びします。もちろんポジションの軽重で頭の下げ方やお詫びの言葉を変えるような真似をしてはいけません。またお詫びして退出するまで、相手が許してくれそうだと油断して笑顔を見せてはいけません。心から申し訳ないと思っている表情を崩さない気構えが必要です。

ゴールドマン・サックスで新人の頃は、とにかくミーティング中は手を止めずにひたすらノートを取れ、と教わりました。相手の発言の意図がその場では理解できなくても、ノートに書いておけば後で見直せる。そうした積極的な姿勢を見せることで、相手からのアドバイスも得やすくなる。

「表現としての数字」を使いこなすには、どうすればよいのでしょうか。何よりのコツは、まず「99%の意識と1%の知識」にあります。新聞記事や商品広告、会社のIR資料など、巷の「数字」の背後に、どんな人の意図が隠されているのか。そのようにつねに「意識」することが、表現としての数字のチカラを磨き上げてくれるのです。

グローバル化というのは現地にどう根づくか、現地の消費者の行動をよく調べることが重要。

ページの先頭へ