ドナルド・トランプの名言|発見の喜びから生まれる熱意さえあれば、あなたのすることはすべて確実に今の成功や将来の成功への布石となる

このエントリーをはてなブックマークに追加

発見の喜びから生まれる熱意さえあれば、あなたのすることはすべて確実に今の成功や将来の成功への布石となる。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業には良いことも悪いこともあるのだから、わざわいを転じて福とする、その橋を見つけ出すことが経営者の仕事なのだと思っています。

ビジネスに関する文献の多くが誤った前提を置いています。それは、人は取り組まなければならない必要性を理解すれば実行に移すというものです。実際にはそんなことはありません。たとえばダイエットに関する本がよく売れていますが、肥満した米国人は一向に減りません。本を読んでも本人がダイエットを実行しなければ、痩せはしません。

もともと短気な人やわがままな人は感情のコントロールができず失言しやすい。おしゃべり好き、目立ちたがり屋は不用意な発言が多いし、リップ・サービスのつもりが相手によっては重大な失言になる場合もある。謝罪がうまく聞き入れられ、許してもらった瞬間に大きな落とし穴が待っていると肝に銘じたい。そこをクリアするまでは、逆なでしない謝り方ができたとはいえない。

人的資本は、コストであるだけではなく、便益でもあるのです。そして、より生産性が上がればより多くの賃金を支払うべきです。そうすればさらに生産性が高まり、企業が得るものも増えます。柔軟な報酬制度が必要です。

社員とのコミュニケーションはものすごく大切だと思っています。現在の経済環境、社会環境、そしてアサヒビールが置かれた環境を私がどう認識しているかを、いろいろなかたちで情報発信しています。その環境の中で我々はどこへ行こうとしているのか、何をやろうとしているのか。それを社員としっかり共有していく必要があります。こうしたコミュニケーションを繰り返し繰り返しやっていく以外にないと思っています。

目標を失って会社を辞めようと思ったとき、上司に「辞めて何かしたいのか」と言われまして。辞めてからやりたいことが明確で、かつ、この会社ではできずにほかの会社でできるのだったら拍手をして送り出すが、現状が不満で辞めたいだけなら、どこの会社に行ってもまた辞めるぞと。

相手の聞く気を引き出すには、「他とは何かが違う」という差別化ポイントを説明することも大切です。映画のストーリーを長々と説明されても、相手は飽きてしまいます。わざわざその映画について話したくなるということは、一般的な作品とは違う何かがあったはずですから、「他と違ってここが面白かった」という点に焦点を絞って説明すれば、より相手に聞きやすい説明になります。

ページの先頭へ