ドナルド・トランプの名言|寄り道したときにこそ面白いことが起きる

このエントリーをはてなブックマークに追加

計画に入っていたにせよ、いないにせよ、寄り道したときにこそ面白いことが起きる。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

無駄な報告をダラダラ行うような会議はもちろんやめた方がいいでしょう。しかし、会議は組織を効率よく動かすための交通整理として欠くことのできないものです。会議で決めるべきことをきちんと決めた方が、仕事の効率は確実に上がります。会議で決めるべきことは、「何を」「誰が」「いつまでにやるのか」です。これが抜けている会議はダメな会議です。

合戦にしても、四つに組んで張り合い気味になれば、戦いは捗らず、士卒も多く損なうものである。早く戦法を変えて、敵の意表を突いた方法で勝つことが大切である。

アメリカでは企業のテレワーク導入率は42%に達します。利用者の6割が男性であり、しかも裁量権のきく立場にあるマネジメント・プロフェッショナル職の社員が多い。ハードワーカーである彼らは時短勤務を嫌がり、あくまでフルタイム勤務を希望します。一方で、より成果をあげるために柔軟な働き方を求めます。そのひとつが在宅勤務なのです。

手品の実演販売には、のちに真のエンターティナーになるための基礎が詰まっていました。なにしろデパートには、ご年配の方からお子さんまで、様々な方がいらっしゃいます。そうした方々に手品道具を買ってもらうために、私はマジシャンの3つの掟、つまり(1)これから起こることを先に話さない(2)同じマジックを繰り返し見せない(3)客の前でネタを明かさない、をあえて破りました。いま私がテレビでやっている「超魔術」と同じですね。そうすると、通りすがりのお客さんも「なんだろう?」と興味を持って立ち止まってもらえるし、「こんなシンプルなトリックに、大人が引っかかるんだ!」という感動を与えることができるわけです。一言でいうと「説得力」です。当時の私は、この力を徹底して磨きました。

いろいろな業界の人たちを見ていて感じることですが、40代になってから自分の人生の方向性を変えるのは厳しいかもしれない。それを考えると、30代は自分で人生の舵を取る最後のチャンスといえる。

正しく流暢に話そうとするなら、高度な英語力が必要でしょう。しかし、本当の目的は「上手に話すこと」ではなく「通じること」「満足していただくこと」にあるはず。そのための英語なら、実際の現場に身を置くことで、誰もが身につけられるものなのです。

幸せとは、「気付く」ことであると、さまざまな研究結果が示している。自分の人生の中の、ごくあたりまえの恵みに目覚めることが、汲めども尽きぬ幸せの泉となるのだ。

ページの先頭へ