ドナルド・トランプの名言|成功するには事前の計画が大切である

このエントリーをはてなブックマークに追加

成功するには事前の計画が大切である。そしてその計画にこだわりすぎず柔軟に構えるのも同じくらい大切である。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ドコモの携帯電話のデザインをしたときに最初に思ったのは、最先端の技術があるのに、端末のデザインがそれを正確に伝えきっていないということでした。そこで僕は、携帯電話プロジェクト全体をひとつのパッケージにして表現しました。デザインを通してドコモの強みとしているものを伝えたかったのです。

本当はコア商品を持っていた方が強いのです。トヨタ自動車が良い例です。何かひとつでも大きな売り上げを確保して世界的な強さを持てるなら、それがいい。うちも、写真というコア商品を維持できれば、その方が絶対よかったのです。多様性はひとつの保険なんです。当社はいろいろやらなければならなかったというだけです。

私は笑い方でその人間がわかるような気がする。全然知らない人に初めて会って、その笑いが気持ちよかったら、それはいい人だと思って差し支えないと思う。

社長にとって、持続的成長を可能にする仕組み(事業システム)を構築することは中期経営計画を達成するのと同様、いやそれ以上に重要な仕事である。

営業時代、難攻不落と言われたクライアントを担当した。誰もが敬遠するような相手だった。どんなにアプローチしても注文をくれない。一所懸命通ったが、きついこともたくさん言われた。それでもへこたれずに通い、4~5年かかって大幅にシェアを高めることができた。

詰め込み型だと、私のように柔軟な発想が苦手になる傾向があるため、ディスカッション形式の授業も必要だと感じます。私自身、柔軟な発想ができるよう、日々、ニュースの裏にあることは何かを考えながら新聞を読むなど、努力を続けています。

自社工場では餃子を1時間に8000個製造できます。人間がやると必ず間違いが起きる。コンピューターは故障しない限り間違いが発生しません。

ページの先頭へ