ドナルド・トランプの名言|物事は見た目ほど頼りになるとは限らない

このエントリーをはてなブックマークに追加

物事は見た目ほど頼りになるとは限らない。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

リスク覚悟で相手をとことん信じ、任せてみる。たやすいことではないですが、現地社員にしてみれば、自分の力で達成できたという成功体験になり、何ものにも勝る活力と帰属意識につながります。

人は自分の目線で物事を考えることが多いため、依頼時も思ったことをそのまま口に出しがちです。自分本位の依頼にならないように気をつけましょう。

絶えず部下や社員にメッセージを発信して、鼓舞する事はリーダーの重要な任務の一つ。

怖いのは、一度違和感・不信感を持たれてしまうと、初頭効果によってその後の印象すべてにバイアスがかかってしまうということ。たとえばその人がちょっとした失敗をしたとします。最初の印象が良いと「今日は調子が悪いのかな」「緊張しているのかな」などと思ってもらえます。逆に、印象が悪いと「やっぱりね」と、悪印象を強化するほうに働いてしまうのです。とにかく、第一印象は二度作れないというのは真理です。

「相手についてのメモをする」ことをお勧めです。あるホテルマンは、手書きの似顔絵を一人一人描くことで、2000人ものお客様の顔と名前を覚えているそうです。手を動かすことは、脳の動きを活性化します。記憶力が刺激され、相手に対する思いも新たにすることができます。もちろん、似顔絵でなくてもかまいません。接した人について気づいたこと、対話してみて想像と違った点などをメモすればいいでしょう。

仕事の時間と遊びの時間を分けて考えるから、時間の確保が難しいのです。日常生活での体験すべてが、いずれ仕事に活きると考える。つまり、公私混同です。仕事と遊びを一体化させて、仕事の延長線上の意識でプライベートの時間を過ごすようにすれば、普段の生活にも様々な発見や気づきがあるでしょう。

私は基本的にその日のことしか考えないようにしているのです。「今日は、これとこれをやったら終わり!」と思えば、どんなに忙しい日でも、なんとか乗り切れるじゃないですか。

ページの先頭へ