曽山哲人の名言|採用した後の人材をいかにフォローできるかという「リテンション」の争いも激しくなっている

どこの会社もエース級の人材、イノベーション人材が欲しい。他社からそういう人材をスカウトしようとする動きも盛んです。若者の側も積極的にチャレンジしようと転職のチャンスをうかがう人が多い。企業にとっては、採用した後の人材をいかにフォローできるかという「リテンション」の争いも激しくなっています。

曽山哲人 の経歴

曽山哲人、そやま・てつひと。大手IT企業のサイバーエージェント人事本部長。神奈川県出身。上智大学卒業後、伊勢丹に入社。同社で紳士服関連の部署を経て、ECサイト立ち上げに参加。その後、サイバーエージェントに入社。マネージャー、インターネット広告事業本部メディアディヴィジョンシニアマネージャー、インターネット広告事業本部営業部門統括などを経て人事部長に就任。同社で様々な人事改革を行った。主な著書に『サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方:キャリアのワナを抜け出すための6カ条』『サイバーエージェント流 成長するしかけ(共著)』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

信用するのではなく、信頼するのだ。信頼とは裏付けも担保もなく相手を信じること。裏切られる可能性があっても相手を信じるのである。

初歩的な話ですが、「早起き」という習慣から得られるメリットは大です。限られた一日という時間を有益に使えているかどうかは、ビジネスマンとして勝敗を握るカギなのです。

経営というのはマネーゲームではないんです。企業の目的は、本来、会社を構成する人々の幸せの増大のためにある。社員が精神的にも物質的にもよりいっそう幸せであると感じられるような会社をつくり、永続することによって雇用を守り、メセナなどを通じて社会に貢献していくのが真のCSR(企業の社会的責任)だと思っています。会社を取り巻くすべての人から「いい会社だね」と思ってもらうことが大切です。そうして支持していただくことによってこそ、企業は永続できるのです。

社風のほとんどはみなさんがつくっています。新しい第一三共の社風をつくりましょう。優れたDNAは持ち込んでほしいですが、良くないDNAがあれば捨ててください。
【覚書き|三共と第一製薬の経営統合時、社員に語った言葉】

私が出資するのは、決して人助けではありません。出資した人がいつかは成功して、私が困ったときに金を貸してくれるくらいになってほしいと思うからこそ、出資するのです。私が人を判断する基準は、結局のところ根性と人柄です。失敗とは上手くいかなかったという経験のひとつにすぎません。それを乗り越えて進む人こそ、私が一緒に仕事をしたい人なのです

世界を見回しても、皆が皆、きちんとした英語を使っているわけではありません。たとえば、米国のブッシュ大統領(ジョージ・ウォーカー・ブッシュ)の英語なんて、それはもうひどい。「三単現のS」などまずつかないし、明らかな単語の誤用も少なくありません。しかし、その英語力で国連やG7などの国際舞台で堂々と話しているわけです。ネイティブのブッシュ大統領ですらこうなのですから、みなさんがビジネスの場で多少発音や文法を間違えたところで問題はないはず。

景気の悪いときはちょっとしたことで人に感謝されたり、喜ばれたりする。人間関係を築くには、不景気なときほどチャンス。

前田慧雲先生(龍谷大学学長)から受けた教訓は忘れられない。先生は「世間ではね、金を得ることは大変に難しいことのように言うが、案外たやすいものだ。必要な金はどこからか湧いてくるものだ」と話した。後年、事業を起こした私は、この言葉の真理を身をもって理解した。事業は金がなければできないが、正しい確たる信念で裏付けられた事業には、必ず金は自然に集まってくる。

利益を高めるために品質管理の費用を削るのは、本末転倒です。

優秀な部下が厚遇されるのは当然です上司は全員を平等に処遇するのではなく、むしろ成果を出した部下がきちんと評価される環境づくりに心を砕くべきです。

ページの先頭へ