ドナルド・トランプの名言|自分は運がいいと思い込むのは効くようだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分は運がいいと思い込むのは効くようだ。どうやらそうすると運に好かれるようになるらしい。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

上司が自分をどう見るかは上司の課題であって、自分ではどうすることもできません。

現時点では、海外店舗は広告塔の役割です。海外での知名度を上げて、日本に訪問した時に使ってもらえればいいと考えています。スーパーホテルは、地価も人件費も高い場所に店舗を置いて、ローコストで運営するところに強みがあります。まだアジア諸国は人件費が安いため、こうしたビジネスモデルは早すぎるのです。ただ、新興国も早晩、経済成長と人件費高騰のジレンマに陥ると思っています。そうなればチャンスが来ます。

コミュニケーションが滞っている会社では、上司の考えや部下の思いが、まったく行き来しません。そのような組織では、社員のやる気が下がり、能率も業績も落ちてしまいます。

ビジネスでは、しばしば「ニッチ(すき間)を狙え」と言われます。そこを狙って掘り下げることで、意外に大きなマーケットがあるものです。

私は数字だけで判断するのは極力、避けることにしています。現場を自分で見る。それをやっておかないと、大きな間違いをする恐れがありますから。

破廉恥に対する羞恥心も、美を求める努力も、ともに欠けているようでは、国家にしろ個人にしろ、偉大な美しい行為を果たすことはできない。

お客様の心に訴えるような新しいものを開発した部門というのは衣料でも食品でも全部伸びている。ところが、ただ値を下げたというようなものはなかなか伸びていない。

経済情報の収集と整理を始めたのは、バブル崩壊で事業に失敗した際に、それ以前に書かれた新聞記事や書籍などを読み返してみたら、その前兆となる出来事がきちんと書かれていたことに気づいたからです。「時代の先を読む」なんて特別なことと思われるかもしれませんが、世の中に流れている情報で十分可能なことなんです。

うっかりミスを防ぐためには、一日のはじめにその日の行動をイメージしてみることも有効です。朝の通勤時間の中など、ちょっとした時間に今日の予定をスマートに進める自分の姿を想像してみるのです。すると、あの件についての確認がまだだった、あの資料を忘れずに持っていかなくちゃと気づくことが多いはずです。

武田家の家臣、高坂昌信が書いたとされる甲陽軍鑑には、信玄による「武士の良し悪し、一夜限りの定め二ヶ条」が収められている。一ヶ条は「真面目な人間は大きな働きをする」。二ヶ条では「不真面目な人間は大きな働きはできない」とする。重要なのは、信玄がこれらを一夜限りの定めとして、評価は一夜で大きく変わると考えていることだ。一度下した評価にとらわれず、毎回成果を重視する姿勢を明確に打ち出している。

ページの先頭へ