ドナルド・トランプの名言|目標に向けて準備する時間は取ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

目標に向けて準備する時間は取ろう。私は毎日欠かさず準備に取り組んでいる。何もせずに物事が自分の思惑どおりに運ぶわけがない。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は二代目社長ですが、創業者である父の想いをしっかりと社員全員に伝達することが使命だと考えています。

何度も対話を重ね、様々な課題について論じ合ううちに、次第に変化が生じました。「あなたの組織ではなく、あなたが言っているのだから信じよう」と話す人が出はじめ、お互いの間に信頼関係が芽生えたことで、物事の歯車が回り出した。

心配していてどうにかなるものでもありませんよ。やればいいんです。知恵を出すんです。

日本の製造業が、素材メーカーに求めるレベルは非常に高いものがあります。たとえば、単に硬いだけ、あるいは柔らかいだけの鋼(はがね)をつくることは難しくありません。ところが、硬くて柔らかい鋼となると難しいのです。自動車のボディでは加工しやすいように柔らかさが求められる一方で、衝突時の衝撃を守る硬さも必要です。こうした高機能な鉄鋼製品をつくれるのは、日本だけです。

生き物のコミュニケーションがこれまでどのように進化して、人に行き着き、それに伴って人の心ができてきたのかを知ると、小さなことにくよくよしなくなり、少しは生きやすくなるのではないでしょうか。

仕事の速い人は、あらゆる事柄を5分で判断し、結論を下します。一方で、5分で判断できることに5日もかけてしまうのが、仕事が遅い人です。5分間集中して考えれば、結論を下せないものはないというのが私の持論です。もし5分で決められないなら、それは判断材料が足りないときです。十分な情報を集めて、判断材料がそろったなら、5分で即決する。これが仕事を速く進めるためには一番重要です。

9年間にも及ぶアメリカ勤務中と帰国後の数年間、食料畑を歩んでいた私は「アメリカの農業については誰にも負けない」といえるだけの力をつけようと、「アメリカ」と名のつく本は農業関係を中心に片っ端から買い集め、読破しました。駐在中も頼まれて、商品市場の記事を日本の新聞に書き、帰国後は一課長の立場で業界紙に「アメリカ農業小史」などの論文を執筆し、学者相手のディスカッションもこなしました。アメリカ農務省の最新データと現地での経験を持つ私の方が、学者より遥かに詳しく、「伊藤忠に丹羽という男がいる」と認められるようになっていました。

道というものには、学者・僧侶・茶人などの風流者・礼法家・能役者などの道があるが、これらは武士の道ではない。武士の道ではないけれども、これらの道を広く知れば、それぞれに納得するものがある。いずれも人間は、それぞれの道々によく研鑽を積むことが肝要である。

意見を聞く時は、共通するポイントを探すようにしてください。一見、対立する内容でも、視点を変えると狙いや本質は近いということがよくあります。

これまで何人も超一流のビジネスパーソンにお目にかかってきましたが、共通しているのは、夢を追いかけたというより、目の前の仕事に必死で取り組むことからキャリアを切り開いてきたという点です。

ページの先頭へ