ドナルド・トランプの名言|決まりきった思考の枠の中に閉じこもってはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事で抜きん出ようと思うなら、決まりきった思考の枠の中に閉じこもってはいけない。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間が本当にやりたいことに時間を使えるよう補助するのがAIの本質。

社内の各部署をローテーションして、多種多様な人と触れあう経験こそが、社員を大きく育てる。

私は機会があると、社員に「恵まれた不幸せ」「恵まれなかった幸せ」という話をします。なぜ恵まれないことが幸せなのか。それは将来への不安が努力につながるからです。

「本当にやりたいことはこれ!」という心の声に耳を傾けることが大切です。心の声を聞き取るのは意外と難しいものですが、日記などを書いて自分と向き合う時間を持つようにすることで、次第に聞く耳が養われていきます。

アイデアのネタになる情報に触れても、アンテナが立っていなければスルーしてしまう。

本当の経営者は、自分の経営が顧客を学習するという本質的な作業の上に成り立っている実力か、たまたま業績が出ている状態か、常に自問自答している。危機感とそれに基づく謙虚さを持っている。

人口減少が進む日本では今後、住宅事業だけではやっていけません。現在、戸建て住宅の売上高比率は12%弱で、マンションなどすべての住宅事業を合わせると約48%になります。残りの50%強は、新しい事業を拡大してきた結果です。だからこそ、今日の姿がある。これも、社員のやる気の賜物です。

ページの先頭へ