ドナルド・トランプの名言|評論家の歓心を買うつもりで何かをすれば自分を安売りすることになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

いわゆる評論家の歓心を買うつもりで何かをすれば自分を安売りすることになるし、世間をバカにすることにもなる。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

時代の変化に応じて変えていかなければならないものもありますが、その一方で変えずに守っていかなければならないものがあります。我々にとってそれは、クレドという哲学と、それに基づく経営の4つの原則なのです。これらを維持することが今後も当社に成長をもたらしてくれると信じています。

アメリカ人って、基本的に「もの知り」じゃないんです。学者でもだれでも、日本人の方がずっとものを知っている。だから新しいものを見たときに失敗する可能性を予測するのは、日本人の方がうんとうまいですよ。僕だって、「面白いな、面白いな」と言っているアメリカ人を見ると、口から出かかるんです、「いや、これはきっと失敗するよ」って。「失敗する」って言った方が当たるから。

大抵、皆、どこかしらちょっとダメじゃないかと思うんです。「ダメだから愛しい」というふうにならないと、生きることはつらい。

リスクを取りにいかない自分に自ら毒されてしまうと、リスクを取って勝負する場面で動けなくなる。

需要が発生するモノをつくる、あるいは需要が発生するサービスをつくる気概を持つことで、企業は付加価値を生み、その積み重ねが経済成長につながっていく。

先行き不透明で変化のスピードも速い時代に正しい決断を下すためには、論理力や戦略立案力よりも、直観力が鍵となります。直感を磨くためには、現場主義と「コミュニケーション」が非常に重要になってくると思います。

課題設定・意思決定のスピードというのは、自分で仮説を立てて、その結果を検証するという経験の中でしか身につかないものです。当然、仮説が間違っていて痛い思いをすることもあります。だからこそ、若いうちから鍛えておく必要があるのです。社長になってから間違っていたら、遅すぎますから。

ページの先頭へ