ドナルド・トランプの名言|対象がどんな層かは重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな業界であろうと、誰にでもターゲット市場というものがあり、対象がどんな層かは重要である。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

株式市場に苦しめられた経営者や、おカネが動機になりにくい若者が出てきた時代、次に歩むべき道は社会への貢献を仕事にしていくということではないか、と私は考えたのです。そこで我々の事業も、徐々に社会起業家の育成に傾いていきました。

仕事の効率を上げるために意識していることは「その場で処理できること、判断できることは後回しにせず、その場で処理・判断する」ことですね。たとえば、メールも読んだらすぐに返信する。以前は「要返信フォルダ」をつくって、そこに入れたりしていたのですが、メールが溜まっていく一方で、精神的によくないのでやめました。

他社に仕組みは真似されても運用も含めては至難でしょう。

アポロ11号の月面着陸で同時通訳をした時にはまだ大学4年生でしたし、かなり緊張しましたね。数ヶ月前から勉強を重ね、月に存在しているかもしれない岩石の種類は暗記していたけど、いざ本番の中継で聞こえてきた音のまま「玄武岩がありました」と訳したら、地球物理学の専門家が「ええ、玄武岩ですか!玄武岩がねえ……」と非常に興奮しました。うわ、誤訳だったらどうしようと気が気ではありませんでした。結果的には合っていたのでよかったのですが、翌朝の新聞がとても怖かったです。

狭い世界での研究に手応えを感じることはなかった。たくさんの人にインパクトを与えるために会社を興した。

人生の幸福は、決して神や仏が握っているものではない。自分自身の中に、それを左右するカギがある。

私は若いときから、あえて自らを艱難辛苦(かんなんしんく)の中に置くようにしてきました。たとえば野村証券時代、「業績を上げたから、次はどこでも君の好きなところに行かせてやる」と言われた私は、当時、海外支店の花形だったロンドンではなく、業績不振のニューヨークを選びました。そこで自分を鍛えるのが一番実力を身に付けることになるだろうと考えたからです。

ページの先頭へ