ドナルド・トランプの名言|問題の裏を掘り下げることに時間とエネルギーを注ぐ

このエントリーをはてなブックマークに追加

私はかねてから、問題の裏を掘り下げることに時間とエネルギーを注ぎ、他の誰も思いつかないような妙案を見つけるのを楽しんできた。


ドナルド・トランプ の経歴

ドナルド・トランプ。米国の実業家、作家、不動産ディベロッパー、政治家。第45代アメリカ大統領。ペンシルベニア大学ウォートン校ファイナンス学科卒業後、父の会社で不動産管理と投資の実務を経験。その後、オフィスビル開発、カジノ、ホテルの運営などで財を成した。幾度かの破産を経験しつつもその都度再起した。また、第45代アメリカ大統領に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社は従業員数が300人強のコンパクトな組織ですから、従業員一人ひとりの活動が全体に大きく影響します。従業員全社員のベクトルが揃い、パフォーマンスが最大になった時に、会社の組織力も最大になります。

あなたにも私にも、どれが最適な方法なのか、どれが最高のマーケティングなのかを決める権利はありません。すべては市場が決めるのです。

時間の質を高めるには3つの感覚が必要。

  1. 換金感覚。自分の時間をいくらに換えられるかを把握すること。
  2. 見積もり感覚。1日のスキマ時間になにができるか的確に見積もれる力。
  3. 合格点感覚。仕事も合格点をクリアすればOKの感覚を持つこと。

部下の調子が悪いときにしっかりフォローすることを心がけています。人間には、いいときもあれば悪いときもあります。強い人は、それでもいい。いいときは浮かれないように自戒するし、悪いときは自分で自分を励ますことができますから。しかし、中にはいいときに浮かれすぎて、逆に悪いときに落ち込んでしまう人もいます。いいときと悪いときの振り幅が大きい部下に対して、放置は良くない。上司のフォローが必要不可欠です。

「みんなと一緒」も、もちろん大事なのですが、それだけでは人生はつまらないし、勝負に勝つこともできない。

運動の習慣をつけるには、まず何かのついでにできることから始めましょう。たとえば「火曜日と木曜日だけはエレベーター、エスカレーターをつかわない」「水曜日の出社時だけ、一駅手前で歩く」などです。1週目は1回か2回程度にしておき、達成できたら2週目の回数を増やす。もしきついようなら3週目からは減らす、など「楽に楽しくできる状態」をキープすることにも気を付けてください。そうすれば3週間はあっという間に続きます。

我々がヘッドハンティングで紹介するのはひとつの機会であって、最終的に決断するのは雇用主と候補者です。そこでできるベストの仕事は、お互いの期待値の差を最小限にすることです。だから絶対に嘘を書いてはいけません。交渉の過程では、報酬の詳細や経営課題について、問題を隠すのではなく事実を具体的に説明し、判断の役に立つ客観的な分析を加えるのです。この仕事は、同じクライアントからの仕事が7割を占めるリピートビジネスです。口当たりのいいことだけを伝えて入社していただいても、結果的に成功しなければ、お互いにとって悲劇になります。

ビジネスにしても、すべて一期一会である。自社の社員であっても、年に一回しか会わない人もいる。その大切な機会には、やはり意味のある仕事をしたいと思う。

ひとつの側面だけを見て企業を評価するのは実に短絡的です。投資判断をするときは全体を見る必要があります。

会社が大きくなると、会社の経営課題について、なんとなく気づいていても深掘りせず先送りにしたり、言わずに済ましがちです。そうならないよう、社員全員に当事者意識が欲しい。

ページの先頭へ