工藤公康の名言|ミスした選手にミスしていることを指摘しても嫌がられるだけ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミスした選手にミスしていることを指摘しても嫌がられるだけですよね。失投して「今のは甘かったな」とピッチャー自身が思っている時に、監督やコーチが「甘いんじゃないのか」と言ったら、ピッチャーは「分かってるよ」と思うだけ。「さあ、しっかり切り替えよう。もうこの回は返ってこないんだから、またいくぞ」と言ってあげる方が大事ですよ。


工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

誰の心にもコンプレックスがある。劣等感や優越感から自由になれる人はいません。皆がこの2つを持っている。

時代は刻々と変わりますから、日本も変わるのがあたりまえ。

私は、この世に「くだらない仕事」はないと思っています。ミドリムシのような、一見「くだらない生物」と思われる生物が世界を救う可能性を持っているのと同じように、みんながくだらないと思っている仕事にこそ、大きな可能性があるのではないでしょうか。

アストラゼネカの全社的な戦略的優先事項のひとつが「サイエンスのリーダ-シップ」です。今後とも医療機関や製薬企業などとの連携を強化し、サイエンスを重視し患者さんのために貢献していきたい。

確かに今の日本はモノを買うときの選択基準が価格だけになってきている面はあると思います。しかし、そういう時代だからこそ、値ごろ感が大切だと考えています。値ごろ感とはつまり、価格と価値の関係です。値ごろ感があるとは、これだけの価値があるものなら、この価格でも納得できるという意味です。反対にこの商品にはそれほど価値がないとお客様に思われてしまったら、価格を下げて売るしかありません。

直接経験の中でも、ビジネスの観点から、もっとも付加価値の高いものは何でしょうか。私は、「ともに働くこと」「ぶつかりつつ、決めること」「成し遂げること」の3つが含まれる経験であると考えています。つまり、ビジネスの現場で多種多様な人々と出会うこと。彼らと議論・討論し、ときには衝突や葛藤を経験しながら、意思決定を行うこと。さらに、それらをともに乗り越え、何かを成し遂げることです。

一番精神的にきつかったのは、1回目に不合格だった直後の時期です。次もダメかもしれない、と思うと手が震えて、涙が出てくるんです。そのプレッシャーを乗り越えて頑張ることができたのは、一緒に勉強していた仲間がいたからです。互いにアドバイスし合い、助け合ったおかげで乗り越えられた局面は多々あります。その結果、2回目で合格できました。
【覚え書き:司法試験受験当時を振り返っての発言】

ページの先頭へ