工藤公康の名言|ミスした選手にミスしていることを指摘しても嫌がられるだけ

ミスした選手にミスしていることを指摘しても嫌がられるだけですよね。失投して「今のは甘かったな」とピッチャー自身が思っている時に、監督やコーチが「甘いんじゃないのか」と言ったら、ピッチャーは「分かってるよ」と思うだけ。「さあ、しっかり切り替えよう。もうこの回は返ってこないんだから、またいくぞ」と言ってあげる方が大事ですよ。

工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「先送り」という言葉は悪い印象がありますが、「迷った時の決断は間違いやすい」という前提に立てば、決めずに先送りにする判断が正しいと言える場面も少なくありません。先送りにして根本から状況や問題を見直すと、フッと自然に決断できることもあります。

今の状況が、このまま続くとは思っていません。なぜ、ヒットするのかよくわからない不安な日々を送っていますが(笑)、その時、その時の庶民の感覚についていくことが映画産業が栄えるために、一番大切なことだと思っています。

集客して販売する力がなければ、商品が優れていることも伝えられません。それなのに、営業力の大切さに気づいている起業家は、恐らく半分以下だと感じます。

私が証券会社の営業をしている頃、最初に学んだのは、顧客である投資家が意思決定するために「今何が起きているか」「なぜそれが起きたのか」「では、どうすればいいのか」の3点を簡潔に伝える、ということでした。それは、上司に伝えるときにもまったく同じことが言えます。

思いが高ければ、千の悩みも乗り越えられる。

意思決定のための正しい思考法を身につければ、いまより短時間で、なおかつ正しい判断が必ずできるようになります。それを可能にしてくれるのが重要思考です。所与の状況の中で求められている「一番大事なこと」を見極め、「大戦略(大きな方向性)「効用(中目標)」「手段(最終的に選ぶツールや戦術の優先順位・取捨選択)」の三段階で考えるのです。

仕事で起こしたミスのリカバリーは、慎重かつ早めに行うべき。リカバリーでミスすれば、さらに問題が大きくなり、信用を取り戻せない。

都会ではできるだけ官は口を出さず、いかに民の活力を引き出していくかということが大事だろうと思います。一方、田舎は民の活力を引き出していくために、官もまた頑張らないといけない。官民協働型といいますかね。

サービスとしてお金をいただくこと、そしてリピーターをつくり、事業を継続させていくことが重要だと考えています。継続していかないと、学びとして意味がないからです。

効率のいい人生なんてつまらない。完全燃焼することが大事です。

ページの先頭へ