工藤公康の名言|ミスした選手にミスしていることを指摘しても嫌がられるだけ

ミスした選手にミスしていることを指摘しても嫌がられるだけですよね。失投して「今のは甘かったな」とピッチャー自身が思っている時に、監督やコーチが「甘いんじゃないのか」と言ったら、ピッチャーは「分かってるよ」と思うだけ。「さあ、しっかり切り替えよう。もうこの回は返ってこないんだから、またいくぞ」と言ってあげる方が大事ですよ。

工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

すべて全力投球です。技術力不足による失投はあっても、気を抜いて投げる球なんてないんです。

工藤公康の名言|すべて全力投球


今の若い人たちは、ガーデニングにある種のファッション性や憧れを感じているようですよ。しかし意外と肥料を使ってくれませんね。「植物には水をやるの?」と聞くような水準の人もいるくらいですから。ましてや肥料のことなどといった感じはありますね。ですから、私どもはセミナーとか園芸教室などを積極的に開いて、園芸知識のレベル向上に努めています。マーケティング戦略としては、今後初心者をお客としてどう囲い込んでいくかですね。新たなうまい仕掛けをつくらなくてはいけません。

村上恭豊の名言|今後初心者をお客としてどう囲い込んでいくか


「どうやら儲かるらしい」と言って、自分がいいと思ってもないことをやる方が、よっぽど、いわゆるリスキーな生き方だと感じます。あえてリスクを言葉で定義すれば、私は「美意識がないこと」だと思います。

遠山正道の名言|美意識がないことがリスク


厳しい言い方ですが、産業政策というのは「強きを助け、弱きをくじく」のが大前提です。その方が長い目で見れば当雇用も増やせるし、そこは腹をくくるしかない。弱者だからといって社会政策や補助金でがんじがらめにし、結果として弱体化してきたのが日本の農業です。

冨山和彦の名言|産業政策というのは「強きを助け、弱きをくじく」のが大前提


コミュニケーションで大切なのは、やはり「いま、あなたと話しているこの瞬間を大切にしたい」という想いに尽きるのではないでしょうか。相手のことを気にかけ、相手のことを調べたり、記憶したりする努力や手間を惜しまない。こうした思いのこもった相手への働きかけを、いつも忘れずにいたいですね。

森正文の名言|コミュニケーションで大切なこと


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ