工藤公康の名言|邪魔をしている部分があれば、取り除いてやることが大事

狙ったところに到達するために邪魔をしている部分があれば、取り除いてやることが大事なんです。色々なパターンが選手にはあるんですよ。それをしっかり見つけてやることです。

工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社の技術者は営業担当者と共に直接顧客の元に出向いてディスカッションし、ご要求とその背景をきちんと理解した上で顧客のご要望を満たす最適なソリューションの提案をしています。

これだけ時代が進み、技術が進歩しても、「人間」というのは変わらない。

重要だと言われた資料も、躊躇せずにばっさり捨てます。今は大概のものは元のデータが保存されていますし、重要な資料は会社として保管していることがほとんどです。あとで必要になったらそのときだけ参照できればいい。使うかどうかわからないのに保管しておくのはムダです。

訴訟で情報漏洩の損害賠償請求が認められるか否かは、その情報が秘密として適切に管理されていたかどうかが重要なポイント。実際、営業秘密に関する民事訴訟の64%が棄却判決を受けており、棄却理由として最も多いのが、「秘密管理の不徹底」です。

私はスクリーニング(利益などが一定の条件を満たすかどうか検索し、投資対象になるか振り分ける方法)は絶対に使いません。そんな荒っぽいいことはできません。たとえば、株主資本利益率(ROE)で検索するとします。でもいま手に入るのは、3月決算なら6か月も前の数値です。
【覚書き|ある年の9月の発言】

私はずっと、職場や家庭での人間関係で悩んできました。だから、心理学の勉強にも一生懸命取り組んだし、人間関係の問題を乗り越える方法も知っています。心を悩ませた分、実体験を通じて「生きたノウハウ」を身につけられました。このように、悩みは強みに変えられるのです。

いまは「人」にもますます個性が求められる時代。國學院大學は使命の一つに「個性と共生の調和」を掲げています。

すべてを一人で克服することは、強くてカッコ良いようでいて、見方を変えれば、「他者を必要としない生き方」とも言える。それよりも、他人に支えられ、他者を必要として生きていくほうが、「豊かで良い人生だった」と思えるのではないか。少なくとも、私はそう考えています。

洋品店を営んだ経験上わかるのですが、結局のところ一番売れるのは「白いポロシャツ」、つまりは定番品なのです。私はその「白いポロシャツ」を作りたい。斬新さなど狙わず、一定の質を備えたものをコンスタントに提供したいと考えています。

耳を鍛えるには、とにかくいい音を聴くことですね。音響研究所に入ったばかりの頃、始業時間まで一時間視聴室に籠もって音を聴いていました。

ページの先頭へ