工藤公康の名言|邪魔をしている部分があれば、取り除いてやることが大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

狙ったところに到達するために邪魔をしている部分があれば、取り除いてやることが大事なんです。色々なパターンが選手にはあるんですよ。それをしっかり見つけてやることです。


工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

上司が間違った判断を下した場合、反省して謝るのも小林製薬の特徴かもしれません。私もそうですよ。かっとなって怒った後に、今のは間違いだったと気づいたならば、翌日でもいい。きちんと「悪かった」と素直に謝る。そこでメンツを気にしてしまうと、部下はついてこなくなる。そして、会社のまとまりがなくなることで魅力的な新商品が出なくなり、お客様の期待に応えられなくなります。

成功者は辛いとき、まわりに弱さを見せません。「もうダメだ」とネガティブな発言をすることもしません。彼らが相談を持ち掛けるのは、ビジネス上のつながりが少ない企業経営者の友人など、精神的にタフな人たちばかり。家族や部下など、自分が失敗した事実を聞いて、一緒になって落ち込んでしまうような相手には、決して弱った姿を見せないのです。相談したことで、自分を支える「周囲の力」が弱まることを恐れているのだと思います。

講演会やプレゼンなど、人の話を聴く機会はあるでしょう。そこで上手だなと思った人たちのやり方を真似してみる。プレゼン資料なども、これはわかりやすいと思うものは試してみる。すると、より自分に合った話し方や伝え方が見えてくるはず。

偉業を成し遂げるリーダーは、壮大なミッション(使命)を持っています。ビジネスパーソンの場合、「自分がこの世に生かされている理由」「何のために働くのか」といったことを考え、自分のミッションを再確認してください。

上司を上手く動かすためには、「フィードフォワード」という言葉を覚えておくと便利です。「フィードバック」という言葉は、ご存じのとおり何か事が起こってからそれを振り返り、その結果を次に反映させることです。一方、事前に相手に情報を提供し、共有しておくことをフィードフォワードと呼ぶのです。

知事になっても24時間、何かを考えてます。次は何しようかなとか、ああしようかなとか(笑)。それが楽しいのです。

いまこれを逃したら二度とチャンスは来ない。そういうチャンスを見つけるのが、それぞれの組織のトップの役割だ。

ページの先頭へ