工藤公康の名言|ある程度は、やらせることも大事

このエントリーをはてなブックマークに追加

自然にやる気を出させるのがいいとも限りません。ある程度は、やらせることも大事なんですね。技術や体力で足りないところがあれば、練習量を増やして補わなきゃいけない。


工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

九州大学を卒業後、現・三井化学に入社した。いきなりの東京勤務で、樹脂の営業に配属されたが、初めての東京生活に戸惑い、仕事の要領もわからずにヘマばかりした。その上、九州弁丸出しで、お客さんに電話で怒鳴られる毎日。情けないことに1カ月ももたずに、本気で会社を辞めようと思った。だが、会社を辞めたら、母はどんなに悲しむだろうと思い、耐えて頑張るうちに、先輩に助けられ、仕事の要領もつかめるようになっていった。

立場や考え方の違うメンバーをまとめるには、全員でアイデアを共有することが必要。

ブランディングとは経営戦略の一つ。会社の在り方や方針を決め、それをどうやって社会に発信していくかという話。

需要を創り出すことで、付加価値が生まれる。

同じ場所で3年も過ごすと、その分野のことはだいたいわかって、仕事がラクになる。ラクだと感じた瞬間に進歩は止まっています。

当社は生活の中での不満を解消することを重視しています。常に生活者目線で家庭の中からの問題提案をしています。

僕は全然天才じゃない。天才だったら、一発で、ターゲットというか、行きたいところに行けるでしょう。僕は、がむしゃらに背伸びしてトライしてアタックして、ようやくそこに到達できるんです。

ページの先頭へ