工藤公康の名言|ある程度は、やらせることも大事

自然にやる気を出させるのがいいとも限りません。ある程度は、やらせることも大事なんですね。技術や体力で足りないところがあれば、練習量を増やして補わなきゃいけない。

工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ウェブ上のつながりも、意識してコントロールしなければ人脈といえるものにはなかなか育たないと思います。

数字なき物語も、物語なき数字も意味はない。

断られても挫けずに何度も頼めば、どんな人でも五回目くらいには断ることが難儀になるものです。愚直さが相手の心を打つのです。

長崎屋に来て一番びっくりしたのは、社内改革に動いたときです。何か制度を変えようとすると、経営幹部が「労働組合に聞いてみないと」「根回ししないと」と言い出す。事の是非を客観的に考える前にまず組合の鼻息をうかがうわけです。世間の常識から乖離し、内向き志向になっていました。

アウェイな場所に行くと、「この場をなんとかして切り抜けよう」という生存本能が働くのか、頭がフル回転してきます。すると、思考がリセットされるのでしょうか。仕事でも、今までと違った発想が思い浮かぶことが少なくないのです。「超一流ホテルのラウンジでコーヒーを飲んでみる」「見知らぬ街の赤ちょうちんに一人で入ってみる」「格闘技道場に体験入学してみる」など、ハードルが高いと感じている場所ならどこでも構いません。

心理学的には人は「相手の長所」を意識しやすいもの。だから、賢い人は、自分の長所を上手く見せる。いい面を見せることが成功のためのポイント。

守成の難しさは、創業の難しさに勝る。すでに始まりはある。終わりを全うせよ。

狭い世界での研究に手応えを感じることはなかった。たくさんの人にインパクトを与えるために会社を興した。

「為せば成る」という考えに固執していると、自信を失ったり、自分自身を大きく落ち込ませたりして、それができなくなってしまいます。だから壁にぶつかってしまったときは、「成るようにしか成らない」と考えて、いい意味で開き直る。失敗したときや壁にぶつかったときに、モチベーションを落とさないひとつの方法ですね。

私の歴史を振り返ると、行動を起こした直後はものすごく批判を浴びる。でも結果として形になっていく。

ページの先頭へ