工藤公康の名言|大事なのは、選手を変えるのにモチベーションがいかに役に立つかを知ること

大事なのは、選手を変えるのにモチベーションがいかに役に立つかを知ること。

工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

どんなことでも文字通りの伝達機関になっては駄目だ、自分自身で理解しなければどんな問題でも取り次いではいけない。取り次ぐ以上は賛否はともかく、内容は理解しておかなければいけない。

岡崎嘉平太の名言|用件を取り次ぐときは内容を理解する


「相手の立場で考える」というのは、よく聞かれる言葉だが、実行は非常に難しい。慣れ親しんだ自分の思考方法を手放し、他の論理を受け入れるには、意図的にトレーニングを続けることが必要だ。

辻井隆行の名言|相手の立場で考えることは意図的なトレーニングが必要


自分の勝ちパターンをいかに作っていくか。また、そのパターンが脅かされた場合に、それをどのように守るのか、あるいは変えていくか。これが企業の経営戦略のポイント。

内田和成の名言|自分の勝ちパターンをいかに作っていくか


長い前置きから入ったら、まず通らない。聞いてる側は「で? なにが言いたいのよ」ってところで興味を失って、その日の晩飯のことでも考え始めますよ。結局、前置きが長い営業トークは自分の頭の中が整理できていない証拠なんだよね。喋りながら整理しようとしているから、前置き中に変な権威付けとか、ありがちな動機付けとか、余分なものが入り込んでしまう。

テリー伊藤の名言|前置きが長い営業トークは自分の頭の中が整理できていない証拠


ルーティン作業を仕組化すれば、作業時間は確実に短縮できますが、本当に重要なのはそれで空いた時間を何に使うかです。極端なことを言えば、そこに新たな単純作業を詰め込んだところで、生産性は大して上がりません。仕事ができる人というのは、生産性のルーティン作業はさっさと終わらせることで、考える時間を確保しているのです。

藤井孝一の名言・格言|作業の時間短縮よりも、短縮して空いた時間をどう使うかが重要


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ