工藤公康の名言|大事なのは、選手を変えるのにモチベーションがいかに役に立つかを知ること

大事なのは、選手を変えるのにモチベーションがいかに役に立つかを知ること。

工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

将来のキャリアを考えるときには、希少性を高めるだけでなく、人生の複線化も欠かせない。人生が仕事一本の単線だと、その道が先細って狭くなったときに行き詰まってしまう。そこで会社のほかに、自分が属すコミュニティを複数つくり、人生に保険をかけておくことが重要。

日々を過ごす中での人との関わりから感じたことが、いまをつくっている。

「すぐに気が散るんです。意志が弱いのでしょうか」と、仕事に集中できないことに悩む人がいますが、「集中力」と「心の弱さ」は基本的には関係がありません。集中力は「引き出し方」さえ知っていれば、誰でも出せます。

改革するためのリーダーシップには定石があります。たとえば、戦争で戦局を左右するような大きな戦いに遭遇したときに何をすべきか。まず、自軍が置かれている状況を味方に伝えなくてはいけません。「敵の大軍に囲まれ、補給路を断たれてしまった」と。つまり、会社が置かれている状況を、社員みんなに正しくわからせるのです。そして、何をしなければいけないか、状況を分析します。メーカーの場合、技術が一番大事な経営資源です。どの分野だったら我々の経営資源を最も生かすことができ、競争力のある商品を出せるのか。社内はもちろん、外部の市場の状況も分析し、どの方向に行くべきか構想を立てます。その実施計画を社員に説明したうえで、リーダーである自分が真っ先に飛び出す。そうすれば、部下はついてきます。ついてこない社員がいたら、力ずくでも引っ張っていく。そこがリーダーシップです。

2000年以降、トレンドのサイクルが非常に短くなる一方で、しまむらの店舗数は1000点を超えるようになり、2、3か月の遅れでは新商品を投入できなくなりました。こうなると、もはや流行の一番先を走る以外にはありません。情報収集力をつけ、極力アタリハズレのリスクを回避する。これが00年代、最初の10年の方針でした。

当社には、絶対にやってはいけない禁止事項を意味する「10ノーノー」という規定があります。社員として、管理職としてやってはいけないことを、しっかりとルール化すべきだと思います。

自信があるように振る舞うことは大切です。「効く」と聞かされて薬を飲んだ場合と、薬と知らないで飲んだ場合の患者さんの違いに関する実験はよく知られていますが、ビジネスでも最初に「自信がある」と暗示をかければ、私の経験上も相手からポジティブな反応が返ってくることが多いです。

数字の分析のポイントは、数字を細かく分解して考えること。たとえば、最近の売上げが低迷していて、その原因を探りたいという場合を考えてみます。「売上げ額」の構成要素を次のように因数分解してみます。「売上げ額」=「広告リーチ数」×「認知率」×「来店率」×「成約率」×「客単価」×「リピート率」。あるいは「雑誌の販売部数」=「書店数」×「平均配本数」×「消化率」。このように数字を分解し、「現実」を丸裸にすることで、どの要素に改善余地があり、そのために何をすべきかが具体的に見えてくるでしょう。

やるべき準備をし、自信を持って臨む。集中力を研ぎ澄ませたピッチングをすれば、必ずイメージ通りに勝てると信じていました。「必ずできる」と自分を評価してあげることが大事。

試合でいい結果が出たときは改善点を伝えるのは難しい。選手はこれでいいと思っているところに、「ここが悪いから直せ」と言われたら、なかなか素直に聞く気になれないというのは人情です。そういう場合は、まず褒めておいて、「だけどこのままでは、伸びはここまで。さらに上のレベルに行くには、ここをこう改善しよう」という言い方をします。日本記録を出した選手には、世界記録がある。アジア大会で世界記録を出したら、世界選手権の記録じゃなければ世界からは認められないぞという具合にです。

ページの先頭へ