工藤公康の名言|監督に就任して取り掛かったのは、とにかく選手を理解すること

このエントリーをはてなブックマークに追加

一番やってはいけないのは、監督が連覇ばかり考えて、選手が見えなくなること。ですから監督に就任して取り掛かったのは、とにかく選手を理解することです。


工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕は日本人は日本人のアイデンティティーを持っていないといけないと思います。和食が世界無形文化遺産になったけど、きちんと語れるか。根無し草じゃダメです。

1cmでも前にいれば勝ち。究極の遊びですよ、100m走は。それを私は仕事にしちゃっているんですよね(笑)。

どっちみち死んでしまうんなら、生きているうちに勉強しようとおもいましてな。

私が本を執筆する際には、編集者と締切日の約束を交わします。そうしたら、その二か月前に着手日を設定し、まず「目次」と「前書き」から始めることを手帳にメモします。そうやって10ページなり、20ページ分なりを進めておけば、本文の原稿執筆もスムーズに進みます。

三菱地所は街づくりを仕事としています。仏教に「衆生の善根を開発する」という言葉があるそうで、開発は「カイホツ」と読む。生きとし生けるものが本来備え持っている特性を開いて発揮させることがカイホツだそうです。これは三菱地所が行っている開発とぴったりです。

人間力をつけるには、相手の立場に立って考え、感謝できる人になることです。

20年後の世の中やインターネット業界はどうなっているのか。どんなビジネスや企業が必要とされるのか。経営者の役割はそれを予想し、進むべき方向やビジョンを示し、今日から着実に手を打つことです。

ページの先頭へ