糸井重里の名言|収増益を続けるためには、自分たちがやりたいと思えるような、さらに新しいことを生み出す必要がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

収増益を続けるためには、自分たちがやりたいと思えるような、さらに新しいことを生み出す必要がある。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は「いいな」と憧れる人に出会うと、「自分もこんな生き方がしたい」と影響を受けやすい。地元出身で早稲田大学のラグビー部で活躍する先輩がいて、とても格好よかった。そんな彼から「おまえもウチに来いよ」と誘われたものだから、進学先は早稲田大学しか考えられなくなった。

成功体験をすることは、自信がつくなど、ビジネスパーソンとしての骨格をつくるのに必要ですが、失敗体験をすることでその成功の意義をより立体的に捉えることができるのです。また、こうすると失敗するという経験により予知能力のようなものが身につき、意志決定をする立場になったときに適切にそれができる。失敗をしていないと、とにかく事なかれ主義に陥り、前例踏襲型の判断になってしまう。結果的にパフォーマンスが高いものになりにくい。

仕事で忙しいと、自分と家族が別世界にいると感じるかもしれません。ですが、自分が一生懸命打ち込んでいるものに、家族を巻き込んでしまえばいいのです。そうすれば、家族の理解が得られるとともに、お互い、より効率的に時間を使えるようになるはずです。今、職場を子供に見学させる試みもあると聞きます。そうした機会を利用し、働く姿を家族に見てもらえばいいのではないでしょうか。

人はよいほうに考えがちですが、ビジネスを進めるうえでは悪い局面を想像し、数字として自分の腹の中に持っておくことが大事。

今日の社会では進歩だとか福祉だとかいって、誰もがその状況に甘んじてしまっている。システムの中で、安全に生活することばかり考え、危険に本当に体当たりして生きがいを貫こうとすることは稀である。自分を大事にしようとするから、逆に生きがいを失ってしまうのだ。

商品はローテクだが、それをハイテクで作る。

ずっと現場畑でやってきました。だから、優秀なアニメーターを集めることは誰にも負けない。いい作品を作れる自負があった。だから起業できたんだと思います。

信頼とは約束と実行。それができる人にお金は集まります。しかし一方で、約束を守らない人にはその逆もある。

投資先で人材採用を行うとき、面接で必ず聞く質問があります。「いままであなたがやってきた仕事の中で、最も会社を儲けさせた私語とは何ですか?チームで取り組んだ仕事の場合、あなたがそこで果たした役割は何ですか?」これに答えられない人は基本的に採用しません。逆にきちんと結果を出してきた人は、この質問に即答できるはずです。

最初に競争を意識したのは95年の制度改革でIPP(独立系発電事業者)が火力分野に参入したときです。IPPの方が安いとなれば、そちらから買います。そうなれば、当社は仕事がなくなるということですから、猛烈な刺激になりました。これまでのやり方では、とても太刀打ちできません。当社の火力部門は、IPPがどういうやり方をしているのかを徹底的に調べて、コストダウンの仕組みを学びました。IPPの参入は、社内を刺激し、様々な仕事のあり方を変えるきっかけになりました。

ページの先頭へ