枡野俊明の名言|人間、窮地に追い込まれると頭を使う

このエントリーをはてなブックマークに追加

一生懸命に考え工夫すれば、何かしら方法は見つかるはず。人間、窮地に追い込まれると頭を使いますから、知恵を振り絞ればいい。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

集団体制の経営は平常時はプラスでも、決断が中庸になりがちで、危機時は後手に回ってしまう。

人事部は人事権を手放すべきだ。現場が、自分たちのビジネスに必要な人材の人事権を持つのが正しい。失敗した時に責任を取るのは現場なのだから。

見出しを考えるときは、大きな模造紙やホワイトボードに書き出すといい。最後に2mほど離れて、全体を俯瞰して眺めてみる。すると、「ポン!」と目に飛び込んでくる見出しがあるもの。そういう見出しは大抵、クライアントにも受けがいい。

あなたがいま、お金がないのなら、まずは欲を出して、お金を稼ぎ、殖やす過程を思う存分に楽しんでください。そのうえで、お金を使う楽しさを知り、お金を使わない楽しさも知る。そうすれば、お金があってもなくても、お金を使っても使わなくても、いつでも楽しく生きていける本当に豊かな人になれる。

アウトソーシング費用や人件費が増えるのはもったいない。そう思う経営者の方もいますが、私はまったく逆の考えです。配送やコールセンター、PRなどの業務をアウトソーシングしています。「餅は餅屋」で、プロの方にお任せした方が作業の質が高くミスもない。

お店でサンプルの提供やイベントをやりたいといった時に、時間がかかるという問題点は取引先からも聞いている。これは、資生堂の社内で役割を分割しているのが原因だろう。ブランドマネジャーが一気通貫でブランドを見てPL(損益計算書)まで責任を持つ制度を導入していく。

仕事の7か条

  1. 「イエス」で聞け
  2. 常にプラス思考で
  3. 自ら考え、自ら実行せよ
  4. 頼り心を捨てよ
  5. 上司は部下に指針を示し、あとはジッと見てろ
  6. 平社員は主任の、主任は課長の仕事を目指せ
  7. 愚痴を言うな

ページの先頭へ