枡野俊明の名言|人間、窮地に追い込まれると頭を使う

一生懸命に考え工夫すれば、何かしら方法は見つかるはず。人間、窮地に追い込まれると頭を使いますから、知恵を振り絞ればいい。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いまのキャンプの前身のテントホテルやバンガローもやってみたが、いまとちがって、そのころは利用者もほとんどなかった。なにしろいつも30年ばかり時代より早いことをやっていたもので、思いつきは良いのだが成功はしなかった。

一昔前は社員の8割が営業担当者でしたが、今では6割近くが技術者です。約1000人の技術者を新たに採用し、構成を変えていきました。

あらゆる仕事には、最後は退路を断ち切って向き合わなければならない局面がある。

「今の会社では上へ行けそうにないから転職しようか」と考えている人もいるかもしれません。でも、今の会社で成果を出せない人は、どこへ行っても同じ。腹をくくること。たとえ出世できなくても、「ここで好きなことをやってやる」と開き直ればいい。

若手ビジネスパーソンの方に言いたいのは、今の不況で就職や仕事が大変なのは察しますが、内向きになることなく、海外に目を向け、先陣を切って出ていってほしい。

ショックから立ち直るのに一番手っ取り早いのが、行動です。簡単なのが新聞紙を丸めて、椅子の座面などを思いっきり叩きます。このとき「この野郎!」「バカヤロー!」と大声で叫ぶとよりスッキリします。泣きたいときは、声を出して思いっきり泣いてください。良識のある大人ほど、感情を抑えがちですが、そうするとショックが尾を引くので要注意です。感情は何かにぶつけて発散させた方がいいのです。

掃除の持つ効用はとても大きなものです。しつけにも最適だと思います。我々プロのノウハウを生かし、産学協同で教育事業としてのプランも考えています。たとえば、近所のお母様方を集め、掃除の仕方をレクチャーし、それをご家庭でお子様と一緒に実践してもらうのもいいかもしれません。

新しい挑戦で、業界に刺激を与える。それが私たちのやり方です。

会見を行うテーブルにテーブルクロスをかけるのは、足元を隠すという役割がある。人間はいくら神経を集中させていても、手元や足元の動きまでコントロールするのは難しいからだ。

ワンマンも別にいいんじゃないですか。私も「オリックスは自分の会社だ」と思ってやってきました。これは会社を私物化するという意味ではありません。私は会社の株もほとんど持っていないし、息子にも「オリックスだけには入れないぞ」と言ってきた。それでも自分の会社だと思うからこそ、会社のために体を張れるのです。

ページの先頭へ