山田淳の名言|自分のレベルを上げるためには、刺激を受けられる環境に身を置くのがすごく有効

自分のレベルを上げるためには、刺激を受けられる環境に身を置くのがすごく有効。

山田淳 の経歴

山田淳、やまだ・あつし。日本の登山ガイド、経営者。兵庫県出身。灘中学在学中、ワンダーフォーゲル部に入部。東京大学経済学部入学後、本格的に高所登山を開始。当時の七大陸最高峰登頂の最年少記録を更新(23歳9日)。登山ガイドとして活動した後、大手コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、コンサルタントとなる。その後、登山関連事業のフィールド&マウンテンを創業。著書に『夢へのルートを逆算せよ! マッキンゼーを辞めてまで、ひとりでアウトドアベンチャーを始めた男の7つの成功ルール』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社の原点には、松下幸之助の言葉「ものをつくる前に人をつくる」がありますが、人の成長の手助けをする人が、自分が成長しなくていいわけがありません。

須田勝也の名言|人の成長の手助けをする人が、自分が成長しなくていいわけがありません


日本人には「褒める」のも「褒められる」のも苦手だといいます。謙遜を美徳とする感覚が影響しているのかもしれませんが、褒められるとどこかくすぐったく感じてしまう。ただ、そんな日本人も、褒められたらやはり嬉しいもの。人間関係の潤滑油として日本人同士ももっと意識的に褒めていいと思う。

金田一秀穂の名言|日本人も、褒められたらやはり嬉しいもの


常日頃、仕入れ先を大事にし、顧客を大事にし、社員を大事にしていれば、おのずと口コミで「あそこは本当に良い会社だから、同じようなものを買うならあそこの会社から買おう」と言われるようになる。

塚越寛の名言|会社のファンを獲得するには


私は、経営者やリーダーは、いわゆる「プレイングマネジャー」としてみずから実務にあたるのではなく、従業員を信じて仕事を委任し、それによって生まれた時間を本来すべき仕事にあてるべきだと考えています。

ロッシェル・カップの名言|従業員を信じて仕事を委任し、それによって生まれた時間を本来すべき仕事にあてるべき


人生を通して最も重要なことは、「基盤となる力=実力」を養うことだ。

古森重隆の名言|人生を通して最も重要なことは、「基盤となる力=実力」を養うことだ。


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ