斎藤祐馬の名言|大事なことは数字を構成する要素を見ること

大事なことは数字を構成する要素を見ること。

斎藤祐馬 の経歴

斎藤祐馬、さいとう・ゆうま。日本の公認会計士。慶應義塾大学経済学部卒業後、公認会計士試験合格を経て監査法人トーマツに入所。トーマツベンチャーサポート(株)の立ち上げに参画。トーマツグループ史上最年少事業部長に就任。ベンチャー企業支援を行った。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

目指していた姿と違っていたのなら、そこからまた修正していけば良い。

生きた情報はネットではなく、人から入る。普段から人と会い交際費をケチることは絶対にしません。

多くの夫婦が経済的な困難に遭遇して苦しむのは、そもそも「自分たちがお金に困ることなんてあるはずがない」と信じ込んでいるからだ。経済的につらい時期は、どんな夫婦にもやってくると覚悟することだ。人生は長い旅路だ。

いい人にも嫌な人にもなろうとしていないですね、たぶん。ただ普通にしているだけ。そもそも、人によとらえ方って違うから。すごくいい人の役がきたら、「坂口くんは優しそうだし爽やかだし、ぴったりだね」って言われますし、性格がきつくて冷たい人の役がきても「すごくよくわかる、ぴったりだ」って言われる。自分のことは自分が一番よくわかっているので、そういう反応を聞くと「へえ~そんなふうに感じるんだ」と思いますが、だからといって否定もしませんし。

ウェブサイトを立ち上げる過程で、他の社員を巻き込む方法もあります。営業担当者には「どんなツールや情報が欲しいか」、広報や人事担当者には「どんなコンテンツがあれば、採用に役立つのか」など、自社サイトへの愛着を感じてもらい、みんなに絡んでもらって情報発信するのです。もちろんこういったプロセスを通じて自社の強みも見直せますし、社内の士気を高めることもできます。

つながりの質も大事ですが、まずはそれ以上に量を増やすのを追求したほうがいい。

経営戦略を実行に移すのはスタッフではなく、経営トップの仕事です。

世の中が複雑化し予測が難しい現在は、支配型リーダーのカリスマ的能力だけで生き抜くのは難しい。刻々と変わる状況を現場の社員が把握し、それに応じた戦略を提案し、実行しなくてはなりません。

体力が衰えて、かつてのように動けないし、友人・知己の多くがどんどん「先行」して、そちらでも後進者だ、それでもちょいちょい会に出たり、人に会って会話をすると一番楽しいし、勉強になる。

同質集団の中では、新しい発想は生まれにくい。

ページの先頭へ