藤田田の名言|生活の中では数字と無縁でいて、商売の時だけ数字を持ち出すのでは遅すぎる

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活の中では数字と無縁でいて、商売の時だけ数字を持ち出すのでは遅すぎる。


藤田田 の経歴

藤田田、ふじた・でん。日本の経営者。日本マクドナルド創業者。東京大学法学部在学中に貿易会社藤田商店を創立。宝石やそのほかの物品を輸入販売し大きな利益を生む。その後、日本マクドナルドを創業。12年で外食産業売上高日本一を達成。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

主人(創業者・矢頭宣男)が亡くなって「カリスマ社長がいなくなった会社はつぶれる」「やずやはこれで終わりだ」という声が周りから聞こえてきました。でも、社員は誰一人として辞めませんでした。パートさんまでが「社長、自分で全部背負わないでくださいね」と言ってくれた。これは後から知ったことですが、「全員で頑張っていこう」と決起大会まで開いてくれたそうです。今度はこの社員たちと一緒に夢を語り合いながら、人生を送っていこうと決心がつきました。

「変わる必要はない」「変わるつもりはない」と、いまの体制のままでいいという人はまだごまんといます。これを変えようと思ったら、相当気合が入ったメンバーが集まらないといけません。

どこの店舗も成功した要因とは「本当に良い店を創ろう」という思いに尽きます。「世界最高の店を創ろう」という志があるから集客できるし、売れているのだと思うのです。

少しでも面白く表現するために、状況と心情を擬音や全身の動きで表すのが僕のやり方。たとえばゲップをするにしても、「ボッコ~ンとゲップしよってな……」と擬音をつけた方が、それを目の当たりにした人の苛立ちが伝わると思うし。

当社は社内の人間を家族のように大切にし、そこから外に向かって親愛な関係を構築する「インサイドアウト」を理念としています。社外には単なる業者としてではなく、相手の会社の一事業部として仲間のような関係を構築しながら仕事をしています。

なんでもいい。どんな小さいことでもいい。私が手掛ける以上はなんとかして日本一とまではいかなくとも、何か日本の新しいモデルになるようなもの、新しい試みをして役立つようなものに作り上げてみたい。

次世代の幹部から「いまは時代が変わったのではないか」などと言われ、議論がかみ合わない。これではいけない、企業ビジョンを作ろうと思い、企業のあるべき姿をメモにして役員会に出してみたところ、極めて反応が悪い。そこで経営トップと若手幹部が一緒になって10人程度のチームを作り、企業のあらゆる価値観について原点に立ち返って議論を始めました。その結果を「ディスコ・バリューズ」という企業としての行動規範にまとめ上げました。

ページの先頭へ