枡野俊明の名言|指示する人が先頭に立って動く姿を見せれば、その姿を見て納得した周りの人も動き始める

指示する人が先頭に立って動く姿を見せれば、その姿を見て納得した周りの人も動き始める。

枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私も先日、71歳になりましたが、新会社を設立し「もう一度、ベンチャー」です。まだまだ負けないぞというのが、若い人たちに対する私からのメッセージです。

最近増えてきたのが、「CEOメール」という攻撃手法。CEOからの命令を装ったメールを財務や購買部門に送り、お金を支払わせるというものです。CEO名で「請求書通りに支払え」と書かれていたら、何も考えずに従う人も多いはず。特に東洋ではトップダウンの文化が根付いていますから。

特に医療分野では、社会に貢献するという使命感が重要です。儲かるか儲からないかが先に立つと、会社がおかしくなってきます。

40代ビジネスマンにお勧めしたいのは、「戦略的手抜き」。「力の入れどころ・抜きどころ」がわかる年齢であればこその働き方を確立することです。

報酬を意識しながら仕事をすると、「もう給料分は働いたから、このくらいで切り上げよう」という発想になりがちです。ですから、いったん給料のことは脇に置き、目の前の仕事に全エネルギーを注いでみてください。

落ちる前に手を打つことが大切なのです。そのタイミングは勘としか言いようがありませんが、いずれにしろ、駄目になってから変えるのではなく、一番いいときに変えないといけません。

私の出張のコンセプトは、「どこにいても普段と同じ環境を再現する」に尽きます。新幹線でもカフェでもホテルでも、ネットにさえつながれば、オフィスにいるときと同じ環境が作れる。そうすれば、オフィスと変わらぬ効率や生産性を再現できます。

異業種と研究開発面で提携していくために、ハイテク素材展とか、粉体工業展、エレクトロニクス展といった他業界の展示会にも積極的に出かけていきプレゼンテーションするんです。そこで情報発信すると、相手先からこんな分野に使えないかと相談が舞い込むようになるのです。共同研究することで視野が広がるし、自分たちだけでは考えもつかなかったニーズがわかる。いろいろなメリットがあります。短期的な収益だけを考えると、基礎研究の分野はとかくお金がかかって成果が出にくい面もありますが、将来の種まきとしては非常に重要ですね。

いまもむやみに人間関係を広げるのは好きじゃない。私はスポーツもしますが、水泳や散歩、ストレッチなど、自分一人でできるものばかりです。

普段から仕事に取りかかる前に時間を見積もるクセをつけると、効率的に時間を使えるようになる。

ページの先頭へ