枡野俊明の名言|指示する人が先頭に立って動く姿を見せれば、その姿を見て納得した周りの人も動き始める

このエントリーをはてなブックマークに追加

指示する人が先頭に立って動く姿を見せれば、その姿を見て納得した周りの人も動き始める。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

浜松に来て無一文になったとき、わかったことがありました。それは、自分は何ひとつできない、作り出せない人間なのだということです。人間は、たしかにすごい能力を持っています。たとえば、飛行機を発明して、昔では考えられないくらい短時間で移動する手段を得ました。しかし、それは何人もの人たちが、過去の知識を学習し、何億という金を使って、ようやくできたものです

短期的な業績への効果はありませんが、原料メーカーや広告代理店といったパートナー企業との関係を強化しています。担当者との打ち合わせに私が出席してその場で意思決定したり、誕生日にプレゼントを贈ったりして、絆を大切にしています。そうした努力をしていると、ノウハウや情報を積極的に提供してくれるなど、当社を大切にしてくれるようになります。

私にとって生保の経営は初めてですが、数年以内に、ビジネスを成長軌道に乗せるということは常に意識しています。いまはまず弾みをつけたい。そのためにはスピードも求められますし、トライ&エラーも必要です。

社内や同業種の人しか情報源がなければ、発想がいつも同じになり、新しいアイデアも生まれにくくなる。

才能を伸ばし、人としての徳を身につけることは、辛く、苦しいことだ。

選手の人間力を育てなければいけない。どこに行っても通用する人材を育てないと、サッカーでは勝てない。

結局、場数を踏み、現場から学び取ることが最善の策。

ページの先頭へ