枡野俊明の名言|指示を出すだけでなく、自ら率先して仕事に取り組む姿勢を見せることが重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

部下が自分を慕い、ついてきてくれるようになるには、指示を出すだけでなく、自ら率先して仕事に取り組む姿勢を見せることが重要。


枡野俊明 の経歴

枡野俊明、ますの・しゅんみょう。日本の僧、作庭家。曹洞宗建功寺住職。神奈川県出身。玉川大学農学部農学科卒業後、曹洞宗大本山總持寺(そうじじ)僧堂で修業。その後、造園設計会社の日本造園設計を設立。禅と日本庭園をテーマとした造園設計を行い、国内外で高い評価を得た。そのほか、ブリティッシュコロンビア大学特別教授、多摩美術大学環境デザイン学科教授などを務めた。主な受賞にブリティッシュコロンビア大学特別功労賞、日本造園学会賞(設計作品部門)、芸術選奨新人賞(美術部門)、カナダ政府カナダ総督褒章、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ホームページの文章を作成するとき、まず、どんな人に来てもらいたいかを考え、それに関連したキーワードをできるだけ多く書き、そのキーワード検索で上位にランキングされる工夫をすることです。社員ブログや自社関連のメルマガ、SNSなどにキーワードをちりばめ、そこから自社のオフィシャルサイトに飛べるようにするのもひとつの方法でしょう。

競合他社にモノづくりのコストで負けていないことをデータで示し、贅肉を削いでいけば我々は復活できるんだ、ということを皆に訴え続けた。犠牲となる社員への配慮は必要ですが、物事の本質論に照らせば、この工場を存続させることはありえない。それだけの確信があるのであれば、後は地道に説得していくしかない。

脳は年と共に劣化すると思われていましたが、他の臓器と同じで、使わなければ劣化します、脳を満遍なく使って鍛えれば、100歳まで成長し続けることも可能だと思います。

私がいまやっている「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」は、一流シェフが作る料理を低価格で提供する立ち飲みレストランです。これもいままでにないビジネスです。当社にはミシュランクラスのシェフが30人いて、飲食業界では圧倒的な競争優位性を誇っています。お陰で店の前には連日、お客様の長蛇の列ができています。

迷ったら、子どもや若い女性など、直感力のありそうな人に「これ、どう思う?」と聞いてみるといい。誰も乗ってこないようなら、優先順位を下げる。間違ってもおじさんに聞いてはダメですよ。肩書があって捨てられないものが多い人は、既成概念にとらわれがちで、直感力も鈍い。LINEのときも、おじさんから「やめとけ」って、さんざん言われましたから(笑)。

リーダーの役割は、「こういうゴールを達成したい」という目標を提示するとともに、生じている不都合や軋みを、少しずつ直していくこと。

私の経験上、特にオーナー経営者は、細部まで気を遣っています。

ページの先頭へ