三原邦彦の名言|厳しい状況を一緒に乗り切ってもらうには、「未来」を見せないとダメ

厳しい状況を一緒に乗り切ってもらうには、「未来」を見せないとダメ。

三原邦彦 の経歴

三原邦彦、みはら・くにひこ。日本の経営者。東京出身。「ビー・スタイル」社長。芝浦工業大学工学部機械工学科卒後、「インテリジェンス」に入社。エンジニア派遣事業部執行役員、子会社「ECサーブテクノロジー」社長などを経て「ビー・スタイル」を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

世の中が激変しているのに、まだ「過去の栄光」にしがみついている企業が多い。今や落ち目の東芝や神戸製鋼所も、これまで「名門」と呼ばれてきたけど、それは、「昔の人」が頑張ったおかげ。社会が変わったら人も企業も新しい挑戦をしないといけないのに、名門企業は過去の実績にとらわれてそれができない。このままだと、日本の名門企業の多くは軒並み「迷門」化していくだろうな。

新製品を開発して市場導入をはかる場合、先発・後発を問わず共通する最大の戦略は、セグメンテーションという言葉に尽きる。要するに細分化である。成熟期には成熟期としての高度の細分化が必要である。また、強者には総点検としてセグメンテーションが必要であり、弱者には隙間荒らしとしてセグメンテーションが必要である。

私の授業でも、講義の後に質問の時間を設けます。このときに「なかなか鋭いことを聞くな」と感じる質問には、こちらも聞かれたこと以上に、答えたくなってしまうもの。このように、相手が思わず話したくなってしまう聞き方、というものがあるんです。つまり、いい答えが出るかどうかは、質問次第とも言える。

新しいことをする人は、みんな苦労しながら成果を上げています。間違ったら引っ込めればいい。袋叩きにあってもめげずに「人と違うこと」を考えてほしい。

取締役になった頃には、松下創業者の経営理念については、「知っている」というレベルでは理解できていたと思います。ただし後半に入るにつれて、ただ知っているだけではなく、経験や責任の大きさから、理念の理解の仕方も次第に変わっていったと思います。取締役になった頃と、専務になった頃とでは、理解が違ってくるのです。

オイシックスにとっては、お客様が感動し、繰り返し買っていただけることが非常に重要です。商品にやみつきになっていただくには、最初に感動するだけでなく、「定期的に感動していただけるか」が重要です。

外交官の世界には厳格な序列があります。全員に細かくランクがあるんです。同じランクの人は、着任順で上下が決まる。同日の着任なら、着任の申告をした時間の早い人が上。ですから全員序列がついて、きれいに上から下へ並べられる。上下関係がはっきりしているほうが、命令が迅速に実行できる。だから軍隊などの戦闘組織は、上下関係が厳格です。外交の世界も諸外国との交渉、やりとりという一種の準戦闘状態。だから必然的に序列が厳格になるわけです。

他人よりも自分が先に変化に気づくものです。感じたことを無視しようとせず、おかしいなと思ったら、専門外来で診断してもらうのがおすすめです。日本老年精神医学会、日本認知症学会、日本精神科病院協会のサイトで専門医は調べられます。

今やらなければならないことに没頭することが、成果に結びつく。

また失敗もするかもしれないけど、いろんな失敗をして、いろいろと痛めつけられて、それでしか身につかないことってあるんです、きっと。

ページの先頭へ