小笹芳央の名言|観察してアウトプットする。この積み重ねが、仕事の感性を磨いてくれる。

観察してアウトプットする。この積み重ねが、仕事の感性を磨いてくれる。

小笹芳央(人材コンサルタント) の経歴

小笹芳央、おざさ・よしひさ。日本の経営者、経営コンサルタント。大阪出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、リクルートに入社し人事部人事課採用担当として十数年在籍。その後独立し、モチベーションをテーマにした経営コンサルティング会社のリンクアンドモチベーションを設立。同社を8年で東証一部に上場させた。テレビ番組のレギュラーコメンテーターとしても活躍。主な著書に『変化を生み出すモチベーション・マネジメント』『自分は評価されていないと思ったら読む本』『なぜ、できる人から辞めていくのか?』『部下の「やる気」は上司で決まる』『トップ人事コンサルタントが明かす いる社員、いらない社員』『引く手あまたの「売れる!社員」になる』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ビジョンは、「Will(したいこと)」「Can(できること)」「Must(しなければならないこと)」の重なり合ったものであるべきだ。

中川政七の名言|ビジョンの条件


同僚や取引先の人たちから「いやな奴だな」と思われるようでは、真に仕事ができるとはいえません。とくに顧客に対して鼻持ちならない態度をとるようでは、「できる・できない」以前に、仕事の妨げになって迷惑です。

井上智治の名言|周囲の人を不快にさせる人は仕事ができるとはいえない


経営者は勘を磨くことが大事。トップは、いろいろ情報はあっても、最後は自分で決めなければなりません。将来のことは誰も言ってくれませんし、いくらITやテクノロジーが発達しても答えを出してくれることはないでしょうから、勘を磨くことは大事です。この場合の勘というのは、第六感的な勘ではなくて、やはり自分の知識や経験、あるいは人から聞いたことが蓄積されたもので、それが最後の決断をさせるのだと思います。

佐治信忠の名言|経営者は勘を磨くことが大事


糖質制限は目的ではなく、あくまでも手段です。他にもっとよい方法が見つかれば、速やかに変えていきます。

瀬戸健の名言|他にもっとよい方法が見つかれば、速やかに変えていく


企画の中身に経営者の視点は必要です。いくら具体性があっても、会社の台所事情を無視した初期投資はできませんから。その場合は、先にお客さんを見つけてプールしておけば、会社も予算化しやすいと思います。たとえば、以前手掛けた新規事業を例にとると、まだ事務所も用意されていない段階でホームページをつくって業務を始めたのです。それで依頼が来たら、いま予約がいっぱいなのでとしばらく待っていただく。そうやって予約がある程度まとまったら、それを担保にして上司と交渉すれば、予算を引き出すのはそれほど難しくはないという具合です。

江村林香の名言|予算を確実に引き出す方法


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ