藤田晋の名言|ビジネスでは、人と違うものを内側から生み出さないと競争力にはならない

ビジネスでは、人と違うものを内側から生み出さないと競争力にはならない。

藤田晋 の経歴

藤田晋、ふじた・すすむ。日本の経営者。サイバーエージェントの創業者。福井県出身。青山学院大学経営学部卒業後、人材紹介・派遣事業の株式会社インテリジェンスに入社。その後、インテリジェンスの出資を受けサイバーエージェントを設立。同社を東証マザーズに上場させた。主な著書に『渋谷ではたらく社長の告白』『ジャパニーズ・ドリーム』『藤田晋の仕事学 自己成長を促す77の新セオリー』『藤田晋の成長論』『渋谷ではたらく社長の成功ノート』『起業ってこうなんだ(共著)』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業は人財と資金とノウハウの生きた集合体ですから、資金やノウハウが十分にあっても、人財がなければうまくはいきません。

竹中平蔵の名言|資金やノウハウが十分にあっても、人財がなければうまくいかない


人間は自分に似ている人に親しみを感じる性質がある。たとえば出身地が同じだと何となく親しみがわく。これは感情を共有できるからである。趣味や食べ物でもいい。共通点が見つかると、特に初対面の場合は打ち解けやすい。

松村清の名言|人間は自分に似ている人に親しみを感じる性質がある


たとえ内心で出世欲を隠し持っていたとしても、利他的な目標も必ずあるはず。そちらを前面に出せば周囲から信頼され、一目置かれます。こうして味方を多くすることは、目的達成を格段に容易くするでしょう。

高城幸司の名言|利他的な目標を前面に


『ネジと紙幣』という舞台に出演した時、ある方から、こんなアドバイスをいただきました。「限りなく本物に近い偽物を演じるなら、思いきり偽物を演じたほうがいい」と。僕は人殺し役で、リアルを追求していたのですが、行き詰まってしまった。そんな時にその話を聞き、「リアルだけにこだわらなくてもいいんだ」と。きっと、こうした積み重ねが、芝居に対する考え方を広げるんだろうなと思っています。

森山未來の名言|行き詰まったときは人の話を聞く


いくら「好運」といっても、それが一回きりであったり、滅多に訪れないというのでは、それに向かって努力してもあまり意味はないでしょう。しかし心がけ次第で、連続して「好運」をつかむこともできるのです。フランスの有名な生化学者ルイ・パスツールは、「偶然は、準備のできている人を好む」との名言を残しています。つまり、好運は日ごろから準備をしている人にだけ訪れる、という意味です。

小杉俊哉の名言|幸運は日ごろから準備をしている人だけに訪れる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ