嶋浩一郎の名言|仕事と無関係な情報がかえって役立つ

仕事と無関係な情報がかえって役立つ。それに、仕事に役立つ本だけを読むよりも、素敵な人になれる。

嶋浩一郎 の経歴

嶋浩一郎、しま・こういちろう。日本のクリエイティブ・ディレクター。博報堂ケトルCEO。上智大学法学部卒業後、博報堂に入社。企業PRや情報戦略などの業務に携わる。その後、博報堂の雑誌『広告』の編集長、「本屋大賞」立上げなどを行ったのち、博報堂ケトルを設立。週刊少年サンデー・週刊少年マガジン50周年コラボ企画、KDDI、伊藤忠商事「MOTTAINAI」などの広告キャンペーンに携わった。そのほか、エリアニュースサイト『赤坂経済新聞』やカルチャー誌『ケトル』編集長なども務めた。主な著書に『嶋浩一郎のアイデアのつくり方』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当校では、成功事例などを共有するための教室長勉強会というものを定期的に各地域で開催しているのですが、こうした場に積極的に参加される方とそうでない方とでは、経営面で差が生まれやすいです。

小野誉之の名言|成功事例を共有する


業界最大手クラスのリース会社と比べれば、事業の規模が劣ることは否めません。しかし、その逆境こそが当社の強みに結びついていると考えます。競争が激化するリース業界で選ばれるためには、モノに対する専門性とファイナンスの腕を磨き、自らビジネスを創り出していかなければならない。私たちはそのことをひとりひとりが、また組織として強く自覚しているのです。

古谷周三の名言|逆境こそが当社の強みに結びついている


仕事以外に夢中になれるものを持っているかどうかは、仕事のパフォーマンスに大きく影響する。趣味は単なる息抜きではない。趣味も仕事もそれぞれが主体であり、統合することでシナジー(相乗)効果が出る。趣味が20、仕事が80と切り分けてバランスを取るのではなく、両者を統合することで、100が110や120にも膨らむ。

高橋俊介の名言・格言|趣味は仕事のパフォーマンスを上げる


ハードやソフトの価格が下がり、誰でも容易にITを導入できるようになりました。お客様が既存の業務を単純にIT化するだけでは、競合他社に対する優位性を築けなくなっています。しかし、お客様、さらには社会に潜在化している課題を見いだすことができれば、ITを活用して課題を解決することは可能です。それが、お客様の競争優位性につながるはずです。

山本隆章の名言|潜在化している課題を見いだすことが大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ