林野宏の名言|ビジネスにおいて最も大切なこと、それは「先手を打つ」こと

ビジネスにおいて最も大切なこと、それは「先手を打つ」こと。

林野宏 の経歴

林野宏、りんの・ひろし。日本の経営者。クレディセゾン社長。京都生まれ。埼玉大学文理学部卒業後、西武百貨店に入社。企画室、マーケティング部、事業計画部など新規事業の創設業務部門を渡り歩く。その後、西武百貨店の系列会社、西武クレジット(現:クレディセゾン)へ転籍。取締役、常務、専務を経て社長。経済同友会副代表幹事などを務めた経営者

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

長期的な予定を立てることは効果的です。将来やりたい仕事や家族のありよう、老後までを思い浮かべてください。すると、身につけるべきスキルや、保つべき家計のレベルなどが明確になってくると思います。

学生の頃から頭でっかちでは駄目です。実際、私も何の知識もなかったところから、純粋に人の意見を聞きながら、20年かけてスキルを身につけてきましたから。

自分で考え、自分で行動する自分力は、今日のような混沌とした時代に、とても大きな財産です。他人の評価に振り回されたりすることなく、納得のいく人生を切り拓いていくうえで不可欠なものです。

成長するためには、優秀な人たちと、ゲゼルシャフト(目的志向型組織)的なチームをつくらなくてはなりません。そのためには「自分は○○という人間です」というラベリングをすることです。私の場合、メディアにでるときには「京都大学客員准教授」という肩書を使っています。私の本業は「エンジェル投資家」ですが、なぜその肩書を使わないことが多いかといえば、日本では「投資家」という職業のイメージがよくないからです。ラベリングの目的はあくまで、人に評価・判断してもらうことです。他人からそのラベルを見られたときにどう思われるか。その視点をもちましょう。

最初は直接電話し、講演をさせてほしいと頼みました。聴講者は5人程度。話力を鍛えるにはちょうどいい。話すと自分の考えも整理され、訓練だと思って毎週講演を続けました。

会社に言われた目標ではなく、自分自信で目標をつくることが重要です。いわゆる出世とか儲けといった目標ではなく、自分の存在価値とは何かといった本質的な問いから生まれてくる目標です。

いったんモノづくりをやめると、技術伝承が途絶えてしまいます。仮に設計図面が残っていたとしても、それを製品にするための生産技術やスキルが消えてしまっていたらつくれません。サプライチェーンも数年もすると途切れてしまうので、素材や部品も手に入るかどうかわかりません。

「良いときにおごらず、悪いときにくさらず」。自分が普段このようにできているとは思えませんが、いつも心掛けている言葉です。

経営力は一朝一夕にできたものではありません。良いときも悪いときも、体質改善を怠らなかったからこそ、いまのヤマザキマザックがあるのです。

どんな困難があっても「自分はできる」と、そんな楽観的な思考が、壁を楽々と乗り越える原動力になる。否定的な意識をなくすと、壁という認織すらもなくなる。

ページの先頭へ