林野宏の名言|ビジネスにおいて最も大切なこと、それは「先手を打つ」こと

ビジネスにおいて最も大切なこと、それは「先手を打つ」こと。

林野宏 の経歴

林野宏、りんの・ひろし。日本の経営者。クレディセゾン社長。京都生まれ。埼玉大学文理学部卒業後、西武百貨店に入社。企画室、マーケティング部、事業計画部など新規事業の創設業務部門を渡り歩く。その後、西武百貨店の系列会社、西武クレジット(現:クレディセゾン)へ転籍。取締役、常務、専務を経て社長。経済同友会副代表幹事などを務めた経営者

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

本当に大切なのは凡事徹底。つまり、基本をきちんと守ること。まずはその観点で、自分自身の仕事の仕方を振り返るべき。

ムーギー・キムの名言|本当に大切なのは凡事徹底


どこの国でも人間性の基本は変わりません。髪の色や肌の色が違っても、交渉するうえで一番大切なことは誠実さです。小手先のテクニックは、誠実さには絶対におよびません。

北尾吉孝の名言|小手先のテクニックは、誠実さには絶対に及ばない


投資で絶対に守らなければならない鉄則は「分からないものには手を出さない」である。世の中、いつ何が起こるか知れたものではない。そんな所へ命の次に大切な虎の子の資金を投入するのだ。生半可なものに手を出そうなんて、虎の子をドブに捨てるのと同じだと肝に銘じよう。よく知っているものに投資していれば、たとえ暴落局面に遭遇しても、脅えおののくことはない。「自分の投資が無価値になった訳ではない。たまたま売りが殺到して価格が下がっただけ」と平気な顔をしていられる。むしろ、大きく下がったから買い増ししようと、攻めに打って出ることだってできる。暴落時など下げ相場で買いを入れることは、投資において最高のスタートとなる。それは古今東西、もう数え切れないほど証明されている。

澤上篤人の名言|よく知っているものに投資していれば、たとえ暴落局面に遭遇しても、脅えおののくことはない


単品商品で勝負している企業で一番分かりやすいキャッチコピーは「日本一」であることです。牛丼であれば吉野家、シュークリームであればビアードパパというようにです。私がうどん屋を始めるとしたら、親子丼は出さず、日本一美味しいカレーうどんのお店にします。当然、日本一になるにはそう言われるくらいの商品でなければダメですが、「日本一」という言葉はパンチもあり、お店の人もお客さんに説明がしやすくなります。

近藤太香巳の名言|「日本一」という言葉はパンチもあり、お店の人もお客さんに説明がしやすくなる


本心が言えないタイプはストレスを溜めやすい。建前でガチガチに固められた鎧を脱ぐようにコーチが導くだけでも、ストレスは軽減し、競技に反映されやすくなる。

平井伯昌の名言|本心が言えないタイプはストレスを溜めやすい


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ