水野和敏の名言|本質が大事

本質が大事。客観的な担保はない想像と感性を、本質が支えてくれる。

水野和敏 の経歴

水野和敏、みずの・かずとし。日本の自動車エンジニア。長野県出身。工業高等専門学校を卒業したのち、日産自動車に入社。部品の設計、名古屋の販売会社への出向を経て自動車の設計・デザイナーとなる。プリメーラ、スカイラインの車両のパッケージング設計を担当したのち、NISMOへ出向。グループCカーの耐久レースチーム監督兼エンジニアとして活躍し、デイトナ24時間レースで優勝。その後、日産自動車車両設計課長、車両開発主管(チーフ・ビークル・エンジニア、CVE)、チーフ・プロダクト・スペシャリスト(CPS、商品企画立案責任者)、プログラム・ダイレクター(PD、収益・販売目標達成責任者)などを務め、GT-Rのフルモデルチェンジなどを主導した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

能率、効率をあげるために努力は必要ですが、度を過ぎた追求は人間の心を崩壊させます。もちろん、誰だってお金は欲しい。給料は一円でも高い方がよいでしょう。それは決して誤りではありません。しかし、そこだけを追求すればみんな満足するかというと、ますますもっと望むばかりで、心が渇いてくるのです。私は高い給料やボーナスが悪いと言うのではありません。経営者として報酬を出すことは大事なことですから。ただ、それだけでいいはずはない。厳しい目標追求をした分だけ、社員の穏やかな心をどうやって維持するかが大切なのです。

鍵山秀三郎の名言|厳しい目標追求をした分だけ、社員の穏やかな心をどうやって維持するかが大切


振り返ってみれば私がエイチ・アイ・エスを創業できたのは、4年半にわたって世界を放浪したからだ。その旅がなければ、格安航空券が日本に存在しないことに気づくことすらできなかったはずだ。私はいまでも月に一度は海外に出かける。この海外での見聞が、帰国してからの時間の密度を格段に高めてくれる。

澤田秀雄の名言|海外での見聞がビジネスアイデアにつながる


リストラなどをめぐる労使の対立構造を見ても感じることですが、労使間で危機感の共有ができていない理由は、会社の数字を現場が把握していないことが大きい。ROA、ROEといった経営指標や数値を示されても、多くのビジネスマンは実感がわかないでしょう。危機感の共有には、現場の仕事にブレイクダウンした数値の共有が必要です。

田中靖浩の名言・格言|現場にわかるように経営の数字を伝える


人の教育は「千日言行」です。同じことを繰り返し千回は言わないと、社員は育たない。

永守重信の名言|人の教育は「千日言行」


レールから外れることの多い半生でね。その紆余曲折が後で生きた。事件のみならず農業から経済、アメリカやイスラム文化まで、いろんな現場を見てきたから、後に週刊誌記者になった時、どんなネタでも対応できた。

鳥越俊太郎の名言|紆余曲折が生きた


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ