水野和敏の名言|収益や順位はあとから勝手についてくる結果

収益や順位はあとから勝手についてくる結果であって、自分たちから求めるのは筋違い。

水野和敏 の経歴

水野和敏、みずの・かずとし。日本の自動車エンジニア。長野県出身。工業高等専門学校を卒業したのち、日産自動車に入社。部品の設計、名古屋の販売会社への出向を経て自動車の設計・デザイナーとなる。プリメーラ、スカイラインの車両のパッケージング設計を担当したのち、NISMOへ出向。グループCカーの耐久レースチーム監督兼エンジニアとして活躍し、デイトナ24時間レースで優勝。その後、日産自動車車両設計課長、車両開発主管(チーフ・ビークル・エンジニア、CVE)、チーフ・プロダクト・スペシャリスト(CPS、商品企画立案責任者)、プログラム・ダイレクター(PD、収益・販売目標達成責任者)などを務め、GT-Rのフルモデルチェンジなどを主導した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

戦わずして負けること。これが夫の家庭内生存率を高めるんですよ。戦って勝てば勝つほど、離婚が近づきます。戦いは、相手(妻)を変えようとするから起こる。妻ではなく自分を変えるんです。

天野周一の名言|夫の家庭内生存率を高めるコツ


家電メーカーが集落したのは顧客との接点を量販店に任せたからです。グーグルやアマゾンは直接ユーザーにリーチしています。「お客様のために」へ、もう一度立ちかえってやっていきたいです。

鵜浦博夫の名言|顧客との接点を持つことの大切さ


現在の私は、発明ひとつひとつを守ることに価値を見出しています。価値の高い特許を取れればその範囲の事業を一定期間守ることができますし、その特許によって産業にも社会にも影響を及ぼします。このように社会に貢献する発明の創出をサポートし守るという観点から事業を展開したいと思っています。

龍華明裕の名言|社会に貢献する観点から事業を展開する


プレゼンでは小手先のテクニックを離れ、心からの誠意を伝えることも大事です。準備のための数か月は、その誠意を醸成するまでの期間だということもできるでしょう。私の場合は、まず依頼主である企業や商品をとことん好きになるところから始めます。「好きになる」ことで、その会社が発信すべきポイントや、解決すべき課題は何なのかが見えてきます。そのうえで宣伝の具体論を導き出していくのです。

大島征夫の名言・格言|宣伝の具体的方法はその商品・サービスを好きになることで得られる


無心になり、ハダカになるということはいいことだ。短時日に私の長所と短所を知ってくれた人たちは、次第に私に対し警戒の気持ちを持たなくなった。こっちが開けっ放しで行ったら、接する相手も開けっ放しになってくれたわけだ。
【覚書き|三井合名から北炭に移った当時を振り返っての発言】

萩原吉太郎の名言|相手に素の自分をさらけ出すことの力


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ