矢作芳人の名言|結果で黙らせればいい

僕も何度となく「非常識だ」と言われましたが、結果で黙らせればいいと思ってやってきた。

矢作芳人 の経歴

矢作芳人、やはぎ・よしと。日本の競走馬調教師。東京出身。調教師の家庭に生まれる。開成高等学校卒業後、オーストラリアに渡り、調教師の修行を積む。帰国後、競馬学校厩務員課程に入学。卒業後、調教師試験に何度も挑戦し、14回目で合格。多くの名馬を育てた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私が会長になって感じるのは、世間の目と我々の常識とは乖離があるのかもしれないということ。これからはそう思われないためにも、外部の意見を取り入れるべきだろうと考えています。

倉本昌弘の名言|外部の意見をとり入れるべき


世代間ギャップを埋めるために一番効果的なのが、「同じ本を読む」ことなのです。もしあなたが組織を率いる上司で、部下との意思疎通に悩んでいるとしたら、自分の考えと合致しているお勧めの本を12冊選び、毎月1冊ずつ部下に読ませればいいでしょう。どんなに言葉を尽くすよりもよほど早く、自分の考えを浸透させられます。

神田昌典の名言|職場の世代間ギャップを埋めるには


大事な場面でいかに自分をコントロールできるか、そこで勝負は決まる。そのためには普段の考え方、日頃の脳の使い方が大切。

林成之の名言|勝負を左右するもの


発想法の本などで、「意外性のあるAとBを組み合わせることで画期的なアイデアが生まれる」などと書かれていることがありますが、間違っていると僕は思います。僕たちの本は「犬の写真」と「名言」を単純に組み合わせたわけではありません。「大事な言葉を身近なところに置きたい」というコンセプトを全力で言い換えた結果に過ぎません。結果として組み合わせたように見えるだけです。

水野敬也の名言|発想するうえで大切なこと


モノを手に取ったときに、「やらされた感」のある商品は駄目だと思う。それはユーザーに伝わります。でもモノが良ければ、「こんなの出たんだよ!」って、友達に伝えるところまでいきますから。クチコミにつながっていく。飯も旨かったら「あそこのトンカツ屋は旨い」って、友人に言うじゃないですか。「絶対食えよ!」とまで(笑)。「絶対」まで言わせるのが大事かなと。最高の宣伝ですよね。何かモノを作る上でそこまで意識できるかというのは、非常に大事なことだと日頃から思っています。僕らが作ったモノをユーザーが見たときに、「愛があって作っている」とわかってもらえるようにするというか。

古屋大貴の名言|ユーザーが見たときに、「愛があって作っている」とわかってもらえるようにする


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ