矢作芳人の名言|物事には必ずセオリーがあり、それを踏まえて勝負しないと勝てない

物事には必ずセオリーがあり、それを踏まえて勝負しないと勝てない。

矢作芳人 の経歴

矢作芳人、やはぎ・よしと。日本の競走馬調教師。東京出身。調教師の家庭に生まれる。開成高等学校卒業後、オーストラリアに渡り、調教師の修行を積む。帰国後、競馬学校厩務員課程に入学。卒業後、調教師試験に何度も挑戦し、14回目で合格。多くの名馬を育てた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ワークライフバランスなんて、くそくらえ。バランスなんか考えるから、ブレークしないんだ。ワークライフバランスは、人生全体で取ればいい。

ジャック・ウェルチの名言|ワークライフバランスなんて、くそくらえ


仕事で大事なのは、少しずつでも「進歩の痕跡」を残しておくこと。私の場合、原稿の依頼を受けたらすぐにラフを描くようにしています。パワーポイントの企画書であれば、真っ白の状態にしておくのではなく、自分が提案したいテーマや顧客が聞いてくるであろう質問など、最初のひと言を書いておくといいでしょう。進歩の痕跡を自分で確認できれば、今日も少し進めてみようという気になるはずです。

大橋悦夫の名言|仕事を受けたらすぐにラフを描くことが大切


業界3位のままでは21世紀に勝ち残れない。

上田準二の名言|業界3位のままでは21世紀に勝ち残れない


いまアミノ酸は、サトウキビを発酵菌に食べてもらってつくっています。発酵菌は人も食べられえる食料です。今後は、ある意味人間が食べられるものを使わないで発酵するような技術がつくることができれば、人類にとって意味が大きいでしょう。

伊藤雅俊の名言・格言|人類にとって意味ある発明をする志


頭を鍛えるためには、まずはソクラテスが言う「無知の知」を自覚することです。自分が、いや、そもそも人間まだよく知らないことは、大宇宙はもちろん人間界にもたくさんあります。無知の知を自覚していると、つまり、自分には知らないことがあるということを知っていると、今手にしているセオリーだけでさまざまな現象をすべて解釈しようとするような思考停止の状態から解放されます。

藻谷浩介の名言|思考停止状態から抜け出すには


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ