杉本真樹の名言|どんなに優れた研究や発表内容でも、人に伝わらなかったら意味がない

どんなに優れた研究や発表内容でも、人に伝わらなかったら意味がない。

杉本真樹 の経歴

杉本真樹、すぎもと・まき。日本の医師、医学博士。東京出身。帝京大学医学部卒業、帝京大学大学院医学研究科修了。帝京大学ちば総合医療センター外科助教、神戸大学大学院特務講師・特務准教授などを務めた。医療現場での3Dプリンター活用や手術ロボットなど、医療分野の最先端技術開発を行った。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

我々は「世の中にないものをつくる」「世の中のためになるものをつくる」という理念を創業時から持ち続けています。この理念に沿った形で、実際に当社が持つ技術的な強みを生かして、世の中に貢献する事業を一層進めてまいります。

岡林理の名言|理念に沿った形で、実際に当社が持つ技術的な強みを生かして、世の中に貢献する事業を一層進める


部署や相手を良くするための正論を言って、相手に嫌われるのは勲章。大体、嫌われることを恐れるといっても、軽蔑されたら終わりですからね。相手に迎合してばかりで、厳しいことを言えなくなれば、今度はナメられて、心がすり減るんじゃないですか。むしろ、いつも厳しいことを言ってる人が、相手を認めて褒めたら、すごく効果が高いですよ。

染谷和巳の名言|部署や相手を良くするための正論を言って、相手に嫌われるのは勲章


市場の中にはサメも必要。サメがいないと、弱った魚が増えすぎる。

ブライアン・ヘイウッドの名言|市場の中にはサメも必要


ルールを強制するのではなく、あくまでも、その人なりのルールづくりをフォローする、という姿勢が人材育成のためには必要。絶対的なルールに従わせることは一時的によい結果が出たとしても、それは他律によってもたらされたものであり、そこに留まっていては社員の自立や自走は促せません。あくまでも、自律のためのルールでなければ意味がなく、育てるべきは、状況に応じた自分なりの大小さまざまなルールづくりができる力なのです。

山本直美の名言|人材育成に必要なこと


25年後の未来のため、いま一分も時間を無駄にできません。25年後には、医学の分野で同時通訳できる人間になり、これを生活に基盤にしたい。いま、大学で時々臨床薬理の講義を行っていますが、将来も何らかの形で学校教育に関わりたいと考えています。
【覚書き|氏は25年のプランを毎年改訂している】

西條一の名言・格言|25年後のために、いまの1分も無駄にしない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ