小山龍介の名言|画期的なイノベーションとは、陶芸のようなプロセス

画期的なイノベーションとは、計画的につくりだせるものではなく、徐々に理想の形を見つけ出す陶芸のようなプロセス。

小山龍介 の経歴

小山龍介、こやま・りゅうすけ。日本の広告プロデューサー、ビジネス書作家。福岡県出身。京都大学文学部哲学科美学美術史卒業後、東急エージェンシーに入社。その後、サンダーバード国際経営大学に入学しMBA取得。事業の海外進出支援会社オーバシーズインベスターズ取締役、松竹のプロデューサー、松竹の事業開発室長などを経てビジネス書作家となる。NPO法人場の研究所研究員、立教大学リーダーシップ研究所客員研究員なども務めた。仕事術関連の著書が多く、主な著書に、「IDEA HACKS!」「Life Hakcs 楽しく効率よく仕事する技術」「スーパーワークハック!」などがある。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

世界は舞台だ、誰もが何か役割を演じなければならない。

シェイクスピアの名言|世界は舞台


読む方が体験をしていなくても、物語の中で、自分のみに起きたように感じてもらえなければ、物書きとしてはダメ。その感覚や感情を、人から聞いたことや、テクニックを使って書くんだったら、僕はそこまでだなと。

中山七里の名言|人から聞いたことや、テクニックを使って書くんだったら、僕はそこまでだな


バイオ事業を始めた当時はバイオという文字を新聞などで見かけることはなく、売り上げも上がらずに社内の理解も得られなかった。それでも、将来性があってチャンスがある分野だと信じて、我慢して継続した結果、今では売り上げ250億円というところまでやってきました。我慢して続ければ大きく育つということを知った経験でしたね。

大宮久の名言|我慢して続ければ大きく育つ


世の中全体がコストコストと言うせいで、安い物を作れば売れると思っている人が多いですが、そんなことはありません。うちのお客さんは、本気で農業をやっているプロ中のプロ。そういうお客さんに、高くても買ってもらえる機械だけを作っているのです。

包行均の名言|プロ中のプロに高くても買ってもらえるものをつくることが大切


人から敬礼をお受けなされたときの御挨拶も、目で礼をなされたようにお見受けしましたが、あれもまた軽々しい振る舞いと思いました。今後はよくおかがみになってていねいになさるがよろしいと存じます。

吉川元春の名言|礼は丁寧に


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ