小山龍介の名言|画期的なイノベーションとは、陶芸のようなプロセス

画期的なイノベーションとは、計画的につくりだせるものではなく、徐々に理想の形を見つけ出す陶芸のようなプロセス。

小山龍介 の経歴

小山龍介、こやま・りゅうすけ。日本の広告プロデューサー、ビジネス書作家。福岡県出身。京都大学文学部哲学科美学美術史卒業後、東急エージェンシーに入社。その後、サンダーバード国際経営大学に入学しMBA取得。事業の海外進出支援会社オーバシーズインベスターズ取締役、松竹のプロデューサー、松竹の事業開発室長などを経てビジネス書作家となる。NPO法人場の研究所研究員、立教大学リーダーシップ研究所客員研究員なども務めた。仕事術関連の著書が多く、主な著書に、「IDEA HACKS!」「Life Hakcs 楽しく効率よく仕事する技術」「スーパーワークハック!」などがある。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事もスポーツと同じで、基本動作がしっかりしていれば、イレギュラーな状況にも対応できる。

「質のいい非常識さ」を持つことが重要です。非常識といっても、常識を無視するという意味ではありません。むしろ、現在の仕事について考える際、いま当たり前と皆が考えている「常識」を謙虚に理解する姿勢が、「質のいい非常識」の源泉となります。

「いうだけじゃダメなんだ!」身に染みてそう感じました。だったら、いうだけじゃなく自分でやるしかない。政治家になろうと決めたのは、そんな思いが心の奥底から湧き上がってきたから。

電子化した名刺の整理は、自分の思考回路に合わせてフォルダー分けすることが肝。この原則で考えれば、自分にとっての正解が見つかると思います。

自分で自身の弱い部分を認めると、一歩前へ進める。等身大の自分の身の丈を知れば、じゃあ、背伸びするためには支えてくれる周囲の協力が必要だと気づけますから。

当社では、社員一人ひとりが責任を持ち、突き詰めて仕事をしてもらうために、「兼務」を認めていません。どんなに優秀な社員でも、複数のプロジェクトを任せると、どうしても甘くなる仕事が出てくるからです。兼務の状況によっては、「お手伝い」や「腰掛け」の気持ちになってしまう人も出てくる。それらを避けるために、兼務はさせないようにしています。

私は営業の秘訣を「相手が買わない理由をなくすこと」だと考えている。買ってくれない理由をひとつひとつ潰していく。そして最終的に部品の性能と価格の取引条件に落とし込んでいくのである。

当社は10人足らずの小さな会社ですから、全員が精鋭でなければなりません。求めるレベルは、マッキンゼーよりも高いつもりです。

そのうちに美術監督としてスタッフを束ねるようになりました。現場を率いるには、あの人があれが得意だろうとか、これは無理そうとか、全体の舵取りが必要ですが、僕の場合はスタッフそれぞれの個性よりも、「こういう背景にしてほしい」という監督の要求のほうを優先させるべきだろうと思ってきました。それをマスターした上で「もっとこうしたい」ということがあれば、監督の要求を壊さない範囲でやれることはいろいろあるんです。これは上達して監督の要求をクリアしてはじめてできることですね。僕の仕事にしても、監督や作品にずいぶん引っぱりあげてもらった結果ですから。

自顕流や薩摩琵琶の根底に流れる薩摩の精神文化というのは、どんな窮地に追い込まれてもめげない、くじけない、最後まであきらめない不撓不屈の精神です。しかも、そこに悲壮感はなくて、あるのはあくまでも明るい不撓不屈の精神です。

ページの先頭へ