糸井重里の名言|「覚悟の形が柔らかい」と、思いもよらぬ状況に陥った時にも幅広く柔軟に対応できる

このエントリーをはてなブックマークに追加

「覚悟の形が柔らかい」と、思いもよらぬ状況に陥った時にも幅広く柔軟に対応できる。強い力で束ねると身動きが取れず苦しくなり、結果、いいものが生み出せないもの。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は航空幕僚長を務めましたが、自衛隊で偉くなる人間もそうでない人間も、能力はそう変わりがないというのが実感です。違いがあるとすれば一点。自らがその職にある間、国家や国民のために、何かひとつでも役に立つことを成そうと思い続けることができるかどうか。この「一勤務一善」の思いを持ち続けることが、本当に興味のある仕事をやり遂げる秘訣だと思います。

企業として成長していくためには国内でシェアを拡大しながら、海外市場を視野に入れることで、より多くの利益を狙うことが必要です。

仕事だって、結局は人助け。「私憤」ではなく、「公憤」をエネルギーにできる人が求められている。

優秀な人ほど、“できない自分”を認めることが難しい。“普通である勇気”をなかなか持てない。

私がお勧めしたいのは、「いつもと真反対のことをする」こと。普段、暴飲暴食気味なら、いっそ断食に挑戦してみる。部屋を散らかしがちなら、一日かけて徹底的に掃除をしてみる、といったことです。

当社の4万人を超える従業員全員にブランドビジョンを浸透させるのは、並大抵のことではありません。私が全員に直接語りかけられればいいのですが、残念ながら、そうした機会は限られています。社内のイントラネットにメッセージを載せるなど、手段を工夫するとともに、同じ内容でも、手を変え、品を変えて、伝え方にも工夫を凝らしてきました。聞く人に「また同じ話だ」と思われ、飽きられてしまっては逆効果ですから、その点には注意を払っています。

上場するために、競合が多くても成長性の見込める大きな市場で勝負すると決めた。

ある程度業績が戻ってきたら、銀行さんがお金を貸してくれるようになりました。そこで、ごっついお金をかけて店舗の全面改修に取り掛かりました。1億円で立てた店を4000~5000万円かけて何店も改修したのです。それだけ一気に変えないと、お客さんには伝わりません。それに、思い切って変えれば、従業員も「やるぞ」という新たな気持ちになって、仕事にも精が出ます。攻めるときには、やっぱり思い切って大胆にならないといけません。

農家、生産者にはもちろん農産物についての知恵があります。一方、都市生活者にもそれを活かすという知恵がある。互いに相手にはない知恵を持っているとしたら、それを混ぜこぜにしてシェアすればいい。「知恵のシェア」もっといえば「叡智のシェア」です。それができるスペースをつくれば、コミュニティはぐっと面白くなります。

「やってダメなら大学に戻ろう」とか「試しにやってから就職活動しよう」といった緩い起業動機でも全然構わないと私は思う。

ページの先頭へ