早野忠昭の名言|ネガティブな気持ちになっても行動を続ければ、やり遂げたという感動が必ず待っている

ネガティブな気持ちになっても行動を続ければ、やり遂げたという感動が必ず待っている。

早野忠昭 の経歴

早野忠昭、はやの・ただあき。日本のマラソンレースディレクター。「東京マラソン財団」事業担当局長。長崎県出身。全国高校総体男子800m走で優勝。筑波大学体育専門学群卒業。高校教師、スポーツ用品メーカー勤務を経て東京マラソン立ち上げに参画。東京マラソン事務局広報部部長、東京マラソン財団事業担当局長、東京マラソンレースディレクターなどを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「面白い」「ためになる」「感動する」。このうちどれかを満たした事業が伸びる。

藤原洋の名言|伸びる事業の特徴


創業したときの約束は、物事の判断に迷ったときは、「感動」だけを判断基準にしようということでした。苦労する道としない道があったら、苦労する道、非効率な道を選んだほうが、絶対に10年後には感動できる人生になっているはず。どうせ一回きりの人生なのだから、そういう人生を一緒に歩まないか。そう約束しました。この一点は狂いなく共有できています。

市原敬久の名言|迷ったときの判断基準を持つことの重要性


人はよく能力で他人を判断しがちですが、それ以上に情熱や感動を持っていることの方が重要です。

高田明の名言|能力ではなく情熱の方が大切


よい言葉に出合ったら、それ感動するだけで終わらず、実行してみる。さらに、それを継続して、自分の習慣にできれば、それが自身の最高の財産となる。

徳重徹の名言|言葉を最高の財産にするには


感性価値と機能価値が高い次元で組み合わさって、初めてお客さんに「これすごいね」「感動した」と言ってもらえる製品ができる。

平井一夫の名言|感性価値と機能価値を高い次元で組み合わせる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ